芸能

相方の不祥事ぐらいではめげない!?ノンスタ石田明には壮絶貧乏期があった!

20161221ishida

 12月11日深夜に都内でタクシーと接触事故を起こしていたNON STYLE・井上裕介。報道を受けて、すでに撮り終えていた年末年始の特番の出演シーンが差し替えになるなど、現場は対応に追われた。相方の石田明も、謝罪する事態になっているが、そんな石田は悲惨な幼少期を過ごしていることはあまり知られていない。

「彼は4人兄弟の末っ子でとても貧乏だったそうで。子どもの頃、文具さえ買ってもらえなかったとか。石田が小学生のとき、クリスマスに『ウルトラザウルスをください』と願い事を書くと、翌朝、サンタから『もうちょっと安くなりませんか?』と返事があったとか(笑)。石田の笑いのセンスは母親から受け継いだものなのかもしれません」(お笑い誌ライター)

 また食事も満足に摂れなかったため骨が弱く、当時の石田の骨密度は70歳レベルと診断され、キャッチボールをしただけで、肩を脱臼したこともあったとか。先のライターは続ける

「他にも彼の貧弱エピソードは山ほどあります。デコピンしただけで中指を粉砕骨折したとか、マンホールで転んで足首をはく離骨折したとか。野球ボールを投げたら、右腕がらせん骨折。人生で10回以上、骨折したそうです」

 ノンスタが売れるきっかけになったのは、『M-1グランプリ2008』の優勝。デビュー8年にして夢をかなえたが、翌年に大ブレイクしたのは、準優勝のオードリー。どこまでいっても、ツイていない。しかし、その“M-1”は、地元・関西で平均視聴率35%という高数字をマーク。石田が号泣したシーンの瞬間最高視聴率は、関西で43.1%という歴代最高を叩きだしている。不運を笑いに変えることができる石田。井上にも早く、その日が来てほしいと願っていることだろう。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!
5
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然