芸能

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア

20170105_12bb

 二足歩行の人類にとって、進化した豊満な乳房を目にできるのは幸福なことだ。その象徴である有名人たちは、いくつもの歴史的な転換期を創造していた。

 故・大橋巨泉に初めて「ボイン」と命名され、偉大なる一歩を踏み出した朝丘雪路(81)は、かつて週刊アサヒ芸能に“その瞬間”を語っている。それは今から半世紀前、67年のことだ。

「一緒に『11PM』(日本テレビ系)の司会をやっていて、ある日、局の廊下で正面からぶつかったの。巨泉さん、私の胸に当たって、とっさに『ボインボイ~ンって感じだね』と言いながら後ろに倒れちゃったの。実際、当時は98センチのFカップあったのよ」

 月亭可朝が「嘆きのボイン」を歌い、故・小島功画伯が「ヒゲとボイン」を連載し、完全にボインという言葉が定着した。

 やがて70年代、日本初のポルノ女優と命名されたのが池玲子(63)である。東映の作品を中心に98センチの乳房を惜しげもなく披露し、コアな人気を誇った。82年の引退後、一切、姿を見せないのは寂しいかぎりだ。

 ドラマの「サインはV」(TBS系)や「傷だらけの天使」(日テレ系)で鮮烈な印象を残した中山麻理(68)もまた、70年代の忘れえぬセクシー女優。ハーフ特有の奔放な肢体は、いくつものハードな濡れ場で輝いた。

 三田村邦彦との泥沼の離婚騒動後、コンビニ店員をしているところを13年に報道されている。

 そんな70年代、アイドル歌手は「胸が大きくてはいけない」との不文律があった。小柳ルミ子やアグネス・チャンが当時、サラシを巻いて目立たなくさせていたのは知る人ぞ知る話だが、この牙城を破ったのが榊原郁恵(57)である。

 あまりにも健康的で、そしてふくよかなDカップのバストは、隠しておいてはもったいないとホリプロは考えた。積極的にグラビアを組み、テレビの水泳大会でも主役に押し込む。

 むっちりとしたアイドルに初めて日が当たった形だが、当の郁恵自身は「谷間にレンズの照準を合わせられるのがイヤだった」と、のちに語っている。

 80年代に入ると同時に、彗星のごとくシンデレラが現れた。当時、熊本大学の女子大生だった宮崎美子(58)である。無名の宮崎を起用した「ミノルタカメラ」のCMで、木陰で恥ずかしそうに水着に着替える姿が大人気となる。どちらかといえばポッチャリの部類だが、まさしく「今のキミはピカピカに光って」歴史に名をとどめる。

 同じ80年には、烏丸せつこ(61)の出現もまた大きな事件だった。グラビアの登竜門である「クラリオンガール」に選ばれると、真ん丸でふっくらした乳房をレイで隠したポスターが衝撃を与える。

 のちにイエローキャブを率いて巨乳王国を築く野田義治社長は、そのポスターを「全てのグラビアアイドルの手本」と公言する。

 烏丸は15年、週刊アサヒ芸能のインタビューで当時をこう振り返っている。

「日本だけじゃなく、アメリカ版の『PLAYBOY』にも写真が載ったと聞いて驚いたな。ただ、当時のマスコミが『おっぱいおっぱい!』って言うのは、うるさいなと思ったよ」

 さらに80年、歌謡界から飛び出したのが河合奈保子(53)である。ヒット曲も数多く、いつも笑顔を絶やさず、そして求められればダイナミックな水着姿を披露した。三拍子も四拍子もそろった完全無欠のアイドルに、今なおラブコールは高まるばかり。

 16年に発売された復刻版の写真集は、本人が長らく休業状態であるにもかかわらず、現役のアイドルを凌駕する売れ行きとなった。

 そんな80年代の終わりに登場したかとうれいこ(47)は、いよいよ「巨乳」という新語が生まれた代名詞的な存在である。どちらかといえば童顔の部類だが、顔だちに不釣り合いな巨大な乳房がそびえている。

 かとう自身はグラビアよりも歌をメインに活動したがっていたが、需要がどちらにあったかは言うまでもない。

 最後は「20世紀最強のグラドル」とも「完売クイーン」とも呼ばれた青木裕子(39)だ。B95・W59・H87という完璧すぎるIカップボディは、登場した雑誌をたちまち完売させるという伝説を作った。

 11年に結婚して芸能界から離れたが、夫の実家が経営する山形の回転寿司店を直撃した。

「今は子供が1人いて、お店には忙しいランチタイムを中心に、お手伝いをしてくれることもあるよ。子育てをしながらの手伝いなので、週に何回とか何曜日とは決まっていない。でも、本人はすごく元気だよ」

 残念ながら青木本人には会えなかったが、あのミラクルボディは今も健在なようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!