芸能

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(6)<直撃5>花井美理

20170105_12dd

 グラドルが戦国の活況を呈した00年代、花井美理(32)は極上のボディを満天下にアピールした。そして、あの「疑惑の1枚」も忘れがたい。

──アサ芸に登場するのは10年ぶりくらいのこと。

花井 そんなになりますか。今でも年に1枚はDVDを出しているんですよ。

──147センチと小柄ながら、B93・W58・H83のHカップは健在だ。

花井 ありがたいことに、バストがしぼむこともないまま(笑)、三十路を迎えました。

──ということは、遅咲きの成長だったの?

花井 いや、小6でFカップはありました(笑)。中学生になると女子には「ピンポ~ン♪」って言われてタッチされるし、お風呂に入っているところをのぞいた男の子もいました。まあ、窓を開けたまま入っている私も私なんですけど(笑)。

──そして03年に満を持してグラビアデビュー。女子大生だったという響きが気絶するほど悩ましい。

花井 いろんな撮影をやりましたね。殺人事件が起きて廃墟となったラブホテルで撮ったりとか、いつもギリギリのところを攻めていた感じです。

──そしてグラビア業界に激震が走ったのが、05年に発表した「つけ乳首ヌード」というアイデア。

花井 まずその前の04年、Tシャツの下におっぱいの模型を入れて、乳首が突起しているような写真を撮ったんです。テニスのシャラポワの人気がすごかったので、それに便乗する形で。その延長線上で、今度はおっぱいのおもちゃを切り抜き、素肌のおっぱいの上にかぶせて撮影。

──誰もが「えっ、脱いだの?」と思ったほど精巧にできていた。

花井 撮影の段階では、もっとネタバレしている感じで、おもちゃをかぶせているのがわかる状態だったんです。ところが、編集の方が境目が見えないほどレタッチをされて(笑)。今でも、あれで初めてヌードになったと思い込んでいる人は多いですよ。

──被写体としてはどんな気分?

花井 うーん‥‥気分よくはないですよね。というか、つけ乳首のほうは茶色がかっていて「私の乳首のほうがピンク色してるわよ!」って思った(笑)。

──10年以上のグラビアキャリアだけど、今もフルヌードは未公開だよね。

花井 そうなんです。脱ぐ脱がないで十数年、戦っている感じです。もともとデビューの時にスカウトされた事務所も、少し売れたらAVに‥‥という考えはあったみたいで。幸い、グラビアが予想よりも人気になったので、そこで話は終わったみたいですが。

──さて、最新DVDも1月27日に発売を控えているけど、ゴージャスボディをキープする秘密とは?

花井 やっぱり、コンスタントにグラビアをやってきたからでしょうね。多くの人に「見せる」という意識があればこそ、おっぱいがシワシワにならずに済んだと思います。そんなグラビアと並行して、16年4月から「ねこと花かんむり」というバンドでボーカルをやっていますので、ぜひライブも観に来てくださ~い♪

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!
3
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」
4
上沼恵美子、「更年期障害」以上にブチ切れた「武智の一言」とは?
5
生放送中にまさか! 乃木坂46白石麻衣、齋藤飛鳥のヒップタッチにファン興奮