政治

小池百合子 自民党との「都議選ゲリラ暗闘」一部始終!(2)離脱予備軍が増える自民都連

20170126q2nd

 “疫病神”呼ばわりされているのは民進党の蓮舫代表(49)。二重国籍問題をはじめとして、野党転落の戦犯・野田佳彦氏(59)の幹事長登用など、党内外の求心力を低下させまくっている。

 蓮舫氏の目下の不人気ぶりは、民進党の支持率を1桁台に縛りつける原動力に。1月4日には「民進党が羽ばたける一年にしたい」と決意表明したものの、むしろ風見鶏化が止まらない模様なのだ。民進党関係者が嘆く。

「地方の支持者から、『テレビで蓮舫さんはいつも怒っている』という声が多く寄せられています。その意見が耳に届いたのか、最近ではテレビの討論番組に出演すると、終始ニコニコと笑顔を見せています」

 かりそめの笑顔だけでは人気回復といくはずもなく、ワラをもつかみたい蓮舫代表がすがりたいのが小池氏人気なのだ。

 最大野党の凋落には目もくれず、小池氏の最大の宿敵こそ都議会自民党。だが、昨年末には3都議の会派離脱騒動が起き、青息吐息の状態が続いている。

「まだまだ離脱予備軍がいると見られています。離脱した都議らと都議会の廊下で会った小池氏は、『頑張りましょう』と声をかけていました」(都政担当記者)

 都議会の定数は127人で、現在の主な会派構成は、最大会派の都議会自民党が離脱表明の3人を除いて57人、公明23人、共産17人、民進系2会派18人。そこに小池氏が擁立する“刺客”候補者たちが躍進して、他党と協力体制を敷けば、過半数を超えて都議会の主導権争いを制することになる。

 都知事就任から続く小池氏の勢いに早くも圧勝ムードが漂ってきたが、思わぬ「敵」が現れた。その人物こそ安倍政権のキーマン二階俊博幹事長(77)。1月6日放送のBSフジ番組に出演した二階氏は小池新党について、こう対決姿勢を表明した。

「新党をお作りになるなら、我々は正々堂々と戦うのみだ」

 その4日後に発売された日本経済新聞のインタビューでも、

〈戦いを挑んできた場合は党をあげて徹底的にやりますよ〉

 と、全面戦争も辞さずの“警告”を公言したのだ。これまで自民党内で、小池氏の数少ない理解者と思われていた二階氏の怒りの火種は、約3カ月前に遡る。

「都知事選で党の方針に“造反”して小池氏を応援した7人の区議に対して、二階さんが間に入って処分見直しのため、手を差し伸べようとしました。区議たちを食事会に誘ったのに、小池氏が断らせたんです。その時の激怒は今も尾を引いていますね」(前出・自民党関係者)

 それでも、世論を味方につけている小池氏も負けじと、1月10日発売「文藝春秋2月号」(文藝春秋)で、評論家の立花隆氏と対談。その記事のタイトルは、

「都議会自民党への宣戦布告」

 という挑発的なものだった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは