芸能

また“小峠商法”!坂口杏里の新作タイトルが「ストレートすぎる」と物議

20170118kotouge

 潔いといえばそうなのかもしれないが、さすがにこれは攻めすぎてる!?

 昨年10月1日にデビュー作「芸能人ANRI What a day!!」をリリースし、現在は艶系女優としてANRI名義で活動する坂口杏里が、2月14日に2作目となる作品をリリースすることが決定したが、そのタイトルが物議を醸している。

 ご存知のとおり、1作目のタイトルも元カレであるバイきんぐの小峠英二の定番ゼリフを直訳英語にしたものだったが、気になる2作目のタイトルは「芸能人ANRI By KING」。今度は小峠のコンビ名をそのまま持ってきた形だ。

「やはり小峠ネタを被せることでバラエティで小峠がイジられ、それがそのまま作品の宣伝になりますから、こういったタイトルで勝負したくなる気持ちもわかる。それに1作目は興味半分で多くの人々が作品を視聴したようですからね。そのおかげで、ヒップが汚いなどの悪評も広まってしまっていますから、もはや純粋に作品で勝負するのは難しいですからね」(週刊誌記者)

 とはいっても、現在は交際しているわけでもない元カレには、バラエティの間が持つ以上には何の得もない。当然、2作目のタイトルを知った人たちからは「小峠の優しい人柄を利用しすぎ」「営業妨害にも程がある」「ストレートすぎるのではないか」と、批判の声があがっている。

「確かに、作品タイトルを提案して決めているのはメーカーですから、坂口だけを責めることはできない。しかし、今回はコンビ名を使用していますから、小峠だけの問題ではなく、相方の西村瑞樹も巻き込まれたようなものですからね。批判は免れないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 坂口は艶系女優NO1を目指すと宣言していたが、こんな調子で頂点を獲れるほど甘い世界ではないだろう。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?