芸能

また“小峠商法”!坂口杏里の新作タイトルが「ストレートすぎる」と物議

20170118kotouge

 潔いといえばそうなのかもしれないが、さすがにこれは攻めすぎてる!?

 昨年10月1日にデビュー作「芸能人ANRI What a day!!」をリリースし、現在は艶系女優としてANRI名義で活動する坂口杏里が、2月14日に2作目となる作品をリリースすることが決定したが、そのタイトルが物議を醸している。

 ご存知のとおり、1作目のタイトルも元カレであるバイきんぐの小峠英二の定番ゼリフを直訳英語にしたものだったが、気になる2作目のタイトルは「芸能人ANRI By KING」。今度は小峠のコンビ名をそのまま持ってきた形だ。

「やはり小峠ネタを被せることでバラエティで小峠がイジられ、それがそのまま作品の宣伝になりますから、こういったタイトルで勝負したくなる気持ちもわかる。それに1作目は興味半分で多くの人々が作品を視聴したようですからね。そのおかげで、ヒップが汚いなどの悪評も広まってしまっていますから、もはや純粋に作品で勝負するのは難しいですからね」(週刊誌記者)

 とはいっても、現在は交際しているわけでもない元カレには、バラエティの間が持つ以上には何の得もない。当然、2作目のタイトルを知った人たちからは「小峠の優しい人柄を利用しすぎ」「営業妨害にも程がある」「ストレートすぎるのではないか」と、批判の声があがっている。

「確かに、作品タイトルを提案して決めているのはメーカーですから、坂口だけを責めることはできない。しかし、今回はコンビ名を使用していますから、小峠だけの問題ではなく、相方の西村瑞樹も巻き込まれたようなものですからね。批判は免れないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 坂口は艶系女優NO1を目指すと宣言していたが、こんな調子で頂点を獲れるほど甘い世界ではないだろう。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”