エンタメ

半世紀を経て黒澤明監督作が世界の映画人に影響を与え続けるワケとは?

20170126kurosawa

 黒澤明監督の名作時代劇「七人の侍」(54年)と、そのリメイク版西部劇「荒野の七人」(60年)を原案とする「マグニフィセント・セブン」が1月27日に公開される。残虐の限りを尽くして町を支配する男の一味に、デンゼル・ワシントン演じる賞金稼ぎやギャンブラー、伝説のスナイパー、ネイティブ・アメリカンなど7人が挑むもので、立場が違う者たちの対立と和解を織り込んだ原案作品とは少し味わいが違うが、個性豊かなキャラを際立たせ、派手なアクションと滅びの美学を見せる娯楽作だ。

 これまでにも「七人の侍」は、「荒野の七人」と続編の「続・荒野の七人」(66年)、「新・荒野の七人 馬上の決闘」(69年)、「荒野の七人 真昼の決闘」(72年)といったシリーズや、B級映画の帝王ロジャー・コーマンの製作総指揮で、「荒野の七人」のガンマン役のロバート・ヴォーン自身がセルフパロディとして演じたSF「宇宙の七人」(80年)など、多くのリメイク版を生み出してきた。また「用心棒」(61年)は、クリント・イーストウッドの出世作「荒野の用心棒」(64年)やブルース・ウィリス主演の「ラストマン・スタンディング」(96年)としてリメイクされ、ヴェネチア国際映画祭グランプリに輝いた「羅生門」(50年)は、ポール・ニューマン主演の「暴行」(64年)やタイのパンテワノップ・テークワン監督の「ウモーン・バー・ムアン 羅生門」(11年)としてリメイクされ、台湾のアリス・ワン監督も17年末の公開を目指してリメイク版の製作を発表している。

 世界の映画人が今も黒澤作品に題材を求めるのはなぜなのか。

「黒澤監督は海外文学に精通しておられ、映画化する際には翻訳ではなく原文をそのまま題材に使われていました。だからこそ監督ご自身のメンタリティ、人間の描き方が半世紀を経ても世界に通用するのではないでしょうか。ちなみに『荒野の用心棒』は無断のリメイクで、後にイーストウッドは黒澤監督に直接謝罪したそうです」(映画ライター)

「マグニフィセント・セブン」を見た人は、元となった黒澤映画にも触れて、その魅力の核心を確かめてみてはいかがだろう。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ