芸能

デヴィ夫人、「カラオケ★バトル」でのKYな審査に「二度と出すな」と非難殺到

20170126dewi

 カラオケマシンの精密採点機能を使って、その得点を競うカラオケ番組「THEカラオケ★バトル」(テレビ東京系)の1月18日放送回では、「歌の異種格闘技戦」と題して、アニソン、ミュージカル、演歌、オペラなど各界の歌のプロたちが参戦。

 様々な歌い方をするプロが繰り広げるハイレベルな戦いに、カラオケファンの満足度の高かったようだが、ただ一つだけ番組の盛り上がりに水を差す人物がいたことが指摘された。

「審査員として出演していたデヴィ夫人のコメントに不快感を覚える人が多かったようです。トップバッターとして登場したアニソン歌手のオーイシマサヨシは歌い方だけでなく、前回出演時とマイクを変えるなど本気で高得点狙い。得点を意識し音程を当てにいくことを重視した歌い方で98点代の高得点をマークし、草刈正雄の娘で歯に衣を着せない性格の紅蘭も絶賛していました。ところが、デヴィ夫人はそんな紅蘭に対して『今のよかったですか?』と問いかけ、『私、あんまり良いと思わなかった。こういう歌なのかしらって思ったんですけど』と、スタジオを一気に微妙な空気にするコメントをかましてしまった」(エンタメ誌ライター)

 デヴィ夫人はその後に登場した歌のプロたちの熱唱にも決して楽しんでいるようには見えない表情で、欧陽菲菲の名曲「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌った演歌歌手の稼木美優にも「欧陽菲菲のこの歌ってああいう感じだったかしら? なんか全然違う歌聞いてたような感じがしたんで‥‥」と、何ともリアクションしづらいコメントをする始末。

 そんなデヴィ夫人に対してネット上では、「そういう番組なんだよ! 理解してよ」「デヴィのコメント聞いてるだけで萎える」「次回以降キャスティングしないでほしい」と、視聴者からのクレームに近い非難の声が連打された。

「デヴィ夫人が絶賛していたのは力強く歌い上げるタイプのミュージカル歌手やオペラ歌手など。得点を取りに行くような精密的な歌い方が彼女の琴線に触れないのはわかったのだが、カラオケマシンの採点機能の得点を競うのが番組の主旨だけに、それを言っちゃあおしまいよというコメントばかりでしたね。まさに“お呼びでない”空気を醸し出していましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 出演者たちは皆、プロの歌手なのだから普通に歌うこともできるということをデヴィ夫人にも教えてあげたいが、いずれにせよ次回はカラオケに精通している審査員を番組側はキャスティングすべきだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン