芸能

倉科カナ、主演ドラマでFカップ覚醒も視聴者からは「まだ覚悟が足りない!」

20170125kurashina

 ついに倉科カナが覚醒か? デビュー時からそのFカップバストで注目されながら、水着グラビアの封印とともに艶っぽさまで封印してきた倉科が、主演ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)で急激に色香を発散し始めている。1月20日の初回放送ではいきなり、恋人役の三浦翔平とベッドを共にするシーンに挑戦。熱いキスまで交わすなど視聴者を興奮させているが、倉科のファンからは不満の声もあがっているというのだ。グラビア誌の編集者が指摘する。

「倉科のファンにとって俳優とのキスシーンなど演技の一環に過ぎず、そこで激しさを表現されても別に視聴者は嬉しくはありません。むしろ29歳を迎え、少しは張りも衰えてきたであろうリアルな双丘こそ見たいわけです。ところが倉科はシーツで上半身を完全防御し、バストの露出度はイマイチ。これではまだまだ覚悟が足りないと指摘せざるを得ませんね」

 たしかにファンとしては、門脇麦のようにバストトップまで見せろとは言わないものの、橋本マナミばりの開放感は期待したいもの。しかも本ドラマでの倉科はまだ、露出の面でかつての主演ドラマに及ばないというのである。テレビ誌のライターが振り返る。

「倉科ファンにとっての伝説は、朝ドラ『ウェルかめ』で見せた体当たり演技ですよ。雨でびしょ濡れのシーンではシャツがぴったりと体に張り付き、バストの形が丸わかりに。最終回のウェディングドレス姿では、全力疾走でバストが半分ほどハミ出し、両胸がバインバインとぶつかりあうなど、イメージビデオ並みにヤバいと評判でした。今回の『奪い愛、冬』でも、それに負けず劣らぬシーンを期待したいですね」

 本ドラマの初回視聴率は6.6%で、金曜ナイトドラマ枠の直近作「家政夫のミタゾノ」の8.2%を下回った。ここはぜひ倉科のバストを露出しまくって、視聴率向上に貢献することを期待したい。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」