芸能

西内まりや主演の月9が爆死もフジの頭の中は「嵐・相葉雅紀で一発大逆転」

20170201aiba

 フジテレビの月9ドラマがいよいよ末期的な状況を呈してきた。1月30日に放送された「突然ですが、明日結婚します」の第2話が視聴率6.9%に沈没し、早期打ち切りが噂される惨状を呈している。ここからの挽回はもはや絶望的な状況だが、関係者の中にはこの数字は局側にとって想定内と指摘する声もあるという。テレビ誌のライターが語る。

「今作では主演の西内まりやが軽量級すぎるとか、コスト削減が見え見えといった批判が聞こえてきます。そんな事情も、今作の役割が『敗戦処理』だと考えれば納得がいくはず。月9ドラマのような大型枠ではスポンサーと年間契約を結んでいるため、年度末にあたる1月期のドラマで盛り返すのには限度があります。それゆえ今作の制作費を大幅にカットすることでCM料金を値下げし、埋め合わせした可能性すら考えられますね」

 たしかに16年度の月9ドラマでは、途中で大手自動車メーカー1社が撤退したのを除けば、スポンサー企業は不動のラインアップとなっている。しかし「明日結婚します」が爆死すれば、現在のスポンサー企業も17年度の契約更新に躊躇しそうなものだが‥‥。

「実は17年度の幕開けとなる4月期ドラマにおいて、嵐の相葉雅紀が主役に内定したとの噂があるのです。その相葉は15年4月期の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』で主演を務め、及第点と言える平均視聴率12.5%をマーク。しかもSMAPが解散したいま、嵐はジャニーズのエース格ですから、さらなる上積みも望めるはず。瀕死の月9は“相葉主演”という必殺技で、大逆転を狙う構えなのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 つまり、今期の「明日結婚します」は最初から捨て石だったということか。そうであれば主演の西内がさすがに気の毒になってくるが、ここは一女優として低視聴率にめげず、最後まで精一杯の演技を見せてもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール