スポーツ

復帰間近のシャラポワ、ボクシング挑戦でバストサイズがアップ!?

20170207sharapova

 禁止薬物「メルドニウム」の陽性反応によってドーピング違反で資格停止処分を受けている女子テニスのマリア・シャラポワ。当初、処分期間は2年だったが、1年3カ月に短縮されたため間もなく復帰することになりそうだ。

 そんなシャラポワが、ロシアのトーク番組に出演し、処分期間中の活動について語った。なんでも彼女はハーバード・ビジネススクールに通ったり、本の執筆に勤しむなど多忙を極めていたという。

「その中でひとつ気になったことがあります。シャラポワはトレーニングの一貫としてボクシングに挑戦したそうです。パンチを打つと胸の筋肉が鍛えられます。胸筋が強くなると、バストのサイズがアップするケースが多いんです。彼女も胸が豊かになっているかもしれません」(スポーツ紙記者)

 シャラポワはこれまで推定Bカップとされてきたが、CカップもしくはDカップに成長している可能性もありそうだ。

「コートで豊かな胸を揺らしてプレーするシャラポワを想像すると、グッとくるものがありますね。彼女は以前、胸のポッチで騒動になっていますが、こんどは胸そのもので話題になるかもしれません。復帰が楽しみです」(前出・スポーツ紙記者)

 シャラポワは4月26日にドイツで行われる大会で復帰する予定だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、二枚舌報道に「いつになったら“合流”するのか」ファン激怒
2
“新体制が不評”「ZIP!」唯一の光明!森山るり、“Eバスト祭り”がスゴいッ
3
あの子でお願いします! 「モヤさまファンが熱望する」4代目アシスタントとは
4
太川陽介&蛭子能収の新旅番組「初回放送」で明らかになった“問題点”とは?
5
胸が小さくなってる!?吉岡里帆の最新ショットが「ヤバ過ぎる」と大反響