スポーツ

大谷翔平、右足首の故障はダルとの合同自主トレでのキックボクシングが原因?

20170206ootani

 1月上旬のダルビッシュとの合同自主トレでアップされたキックボクシング動画が原因か否か、おそらく真実は闇の中だろうが、日本ハム・大谷翔平の右足首問題はついに「WBC辞退」にまで発展した。

「とにかく後手、後手になったという印象。無論、大谷の名前と実力があるからこその後手ですが、昨年11月の強化試合で痛めたという理由には首を傾げる人は多い。後付けということもありますが、多くのファンが言っているように本当に爆弾を抱えていたらキックボクシングの真似事はしませんからね。ダルビッシュは否定していますし、大谷本人はまったく言及していませんが、世間があのキックボクシングで痛めた、または悪化させたと勘ぐっても文句は言えないでしょう。投手はダメでも打者としてだけでも大谷は強行出場したかったようですが、無理してシーズンを台無しにしたくない日ハムの栗山監督が止めるのは当然。ファンからも『投げられない時点で出場辞退すべきだった』『大谷のせいでチームの調整が遅れたらどうするつもりだ』と、突き放す声が多く聞かれます」(スポーツ紙記者)

 大谷は2017年のペナントレースが終了しだいメジャーへ挑戦することが規定路線。メジャーリーガーとなれば今後WBCに出場できる可能性は低いだけに、本人としても無念だったに違いない。

(堀坂のぼる)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン