政治

小池百合子が猛進する「石原慎太郎潰し」で都庁分裂!(3)水面下では「小池のアラ探し」

20170223g3rd

 2月5日の千代田区長選挙では、小池氏が支援した現職の石川雅己氏(75)が、自民党推薦の与謝野信氏(41)にトリプルスコアで圧勝した。政治評論家の有馬晴海氏が解説する。

「出口調査で小池氏の支持率が84%にも達した結果に、自民党の都議は相当ビビッていると思います。公明党と民進党も小池氏に接近しているのが現状で、1人区では“小池印”がないと負けることがほぼ確実になったわけです」

 すでに昨年12月には都議3人が自民党から離脱して、新会派「新風自民党」を立ち上げていたが、ある自民党都議は、この大惨敗に困惑しきりで、

「小池氏と自民党、どっちを向いて仕事をすればいいかわからない‥‥」

 と漏らしたという。

 前出、有馬氏が続ける。

「就任当初は、豊洲移転問題についても『立ち止まって考えなければいけない』『食の安全を第一に』と、厳しく言えば“漠然とした”発言が多く見られました。しかし、絶大な都民の支持を得て、知事の仕事もある程度さじ加減がわかってきたこともあり、今度は“仮想敵”を作りにかかった。それが豊洲問題においては石原氏であり、みずから“代理戦争”と公言した千代田区長選では自民党都連とそのドン・内田都議でした。今後はオリンピック問題で、森喜朗元総理(79)の名前がさらに頻繁にあがるでしょう」

 こうしたホコ先の変容は、都庁職員も敏感に感じ取っている。

「豊洲の問題にしても、小池さんは昨年9月に『犯人探しは目的ではない』と明言していました。だから今回の“石原さん叩き”は、職員にとっても急転直下の大事件。もちろん、表立って小池さんにたてつく職員はいませんが、リークのタイミングを見据えて、小池さんのアラ探しを始める人間が出てきてもおかしくありません」(別の都庁職員)

 それでも、小池氏は今年7月に行われる都議選をしかと見据えている。

「小池氏の一連の言動は、特に自民党の都議に対して『早く来ないと公認漏れになるよ』というパフォーマンスの部分もある。都議選で勝って、その後も自分が仕事しやすい状況を作るために、1人でも多く“小池印”の議員を増やす必要があるからです。小池氏は1月10日に安倍晋三総理と官邸で面会していますが、私はここで“仁義”を切った、と推測しています」(前出・有馬氏)

 自民党所属の小池氏が、党本部の公認候補を相手に選挙を戦えば「除名処分」となるのが通例だが、

「小池さんは『自民党が自分を切るはずがない』と思っていて、恐らくそれは当たっている。自民党には、今の小池人気を国政選挙に利用したいという思惑があるからです。一方の小池さんにも、都政で実績を残せば自民党が国政の舞台で再び自分を重用するのでは、という思惑があるのかもしれません」(都政記者)

 人気はさておき、「都庁分裂」で禍根を残すことにならなければいいが‥‥。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」