スポーツ

プロ野球「事件だらけのキャンプ」ダークサイド報告書!(3)ソフトバンク・王球団会長があのOBに激怒

20170223m

 OBといえば、ソフトバンクでも、城島健司氏(40)の臨時コーチ騒動で持ちきりだ。スポーツライターが明かす。

「実は城島氏サイドから、臨時コーチをやらせてほしい、と球団に打診があったのに、まるで球団が熱望したかのように報道された」

 こう言って不満をあらわにするのは、球団関係者だ。

「要請を受けて、球団はその調整をしていたにもかかわらず、城島氏は自身が出演する釣り番組などのスケジュール調整をしていなかった。これには王貞治球団会長(76)も『もう臨時コーチなんかやらせるな!』と激怒しました。これで野球界から距離を置いていた城島氏の球界復帰は、ますます遠のきましたよ」

 一方で、その復活ぶりが話題となった松坂大輔(36)が、超ハイピッチ調整に乗り出し、第2クールでは239球の投げ込みまで行ってアピールしている。

「3年12億円契約の最終年。ダメなら引退の松坂は、オープン戦で結果を残さないと先発ローテには残れないとわかっているため、早めに仕上げているんです。その姿が評価され、しかもボールも復活しているので、あと1年の契約延長、などという声まで出ています」(スポーツ紙デスク)

 さらに“追い風”も吹いている、と言うのはスポーツライターで、

「千賀滉大(24)に加え、武田翔太(23)までWBCに取られるため、先発に空席ができたんです。開幕直後だけでもチャンスがあるかもしれません」

 チームの不安要素といえば、前ロッテでキューバの政府預かりとなっていたデスパイネ(30)。3年12億円でソフトバンクとの契約が合意に達したが、WBCを使っての亡命説が流れ、球団は不安に駆られているという。

「昨年、巨人のエクトル・メンドーサ(22)とホセ・ガルシア(23)が帰国途中に行方不明となり、亡命したと報じられました。そういえば以前、元DeNAのグリエル兄弟の亡命騒動もあった。今、日本では亡命シンジケートの人間が接触し放題。アメリカに次ぐ亡命王国なんです。しかも、WBCという国際試合を舞台にするのが最も可能性が高い」(前出・スポーツ紙デスク)

 もし亡命が実行されると、ソフトバンク入りも消滅。戦力ダウンは確実だ。

 キャンプ終盤戦はこれから佳境に入る。「事件」の壁を乗り越え、万全の形で開幕を迎えるのはどの球団なのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
松潤が学会員に!?井上真央の“意味深”インタビューにファンの「複雑胸中」
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
井上真央の「公開謝罪」でNHKがマスコミに八つ当たり!?