スポーツ

プロ野球「事件だらけのキャンプ」ダークサイド報告書!(3)ソフトバンク・王球団会長があのOBに激怒

20170223m

 OBといえば、ソフトバンクでも、城島健司氏(40)の臨時コーチ騒動で持ちきりだ。スポーツライターが明かす。

「実は城島氏サイドから、臨時コーチをやらせてほしい、と球団に打診があったのに、まるで球団が熱望したかのように報道された」

 こう言って不満をあらわにするのは、球団関係者だ。

「要請を受けて、球団はその調整をしていたにもかかわらず、城島氏は自身が出演する釣り番組などのスケジュール調整をしていなかった。これには王貞治球団会長(76)も『もう臨時コーチなんかやらせるな!』と激怒しました。これで野球界から距離を置いていた城島氏の球界復帰は、ますます遠のきましたよ」

 一方で、その復活ぶりが話題となった松坂大輔(36)が、超ハイピッチ調整に乗り出し、第2クールでは239球の投げ込みまで行ってアピールしている。

「3年12億円契約の最終年。ダメなら引退の松坂は、オープン戦で結果を残さないと先発ローテには残れないとわかっているため、早めに仕上げているんです。その姿が評価され、しかもボールも復活しているので、あと1年の契約延長、などという声まで出ています」(スポーツ紙デスク)

 さらに“追い風”も吹いている、と言うのはスポーツライターで、

「千賀滉大(24)に加え、武田翔太(23)までWBCに取られるため、先発に空席ができたんです。開幕直後だけでもチャンスがあるかもしれません」

 チームの不安要素といえば、前ロッテでキューバの政府預かりとなっていたデスパイネ(30)。3年12億円でソフトバンクとの契約が合意に達したが、WBCを使っての亡命説が流れ、球団は不安に駆られているという。

「昨年、巨人のエクトル・メンドーサ(22)とホセ・ガルシア(23)が帰国途中に行方不明となり、亡命したと報じられました。そういえば以前、元DeNAのグリエル兄弟の亡命騒動もあった。今、日本では亡命シンジケートの人間が接触し放題。アメリカに次ぐ亡命王国なんです。しかも、WBCという国際試合を舞台にするのが最も可能性が高い」(前出・スポーツ紙デスク)

 もし亡命が実行されると、ソフトバンク入りも消滅。戦力ダウンは確実だ。

 キャンプ終盤戦はこれから佳境に入る。「事件」の壁を乗り越え、万全の形で開幕を迎えるのはどの球団なのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?