芸能

天才テリー伊藤対談「飛鳥凛」(4)もっと際どい服で街に出なくちゃ

20170223d

テリー ふだんの飛鳥さんはどんな女の子なの?

飛鳥 ちょっと根暗っぽいかもしれないです。

テリー そうなんだ? お話している分には、そんな感じはしないけどな。

飛鳥 家にいる時はずっとこんな感じです(と膝を抱えてうつむく)。

テリー 何だ、それ(笑)。今は1人暮らし?

飛鳥 はい、ワンちゃんと暮らしています。

テリー あっ、それはいちばん危険なパターンだ。何飼ってるの?

飛鳥 チワワとポメラニアンのミックス。

テリー それ、散歩に行かないんだろう?

飛鳥 はい、家の中で遊ばせて終わりですね。休みの日はずっと犬を抱っこしたり、話しかけたり‥‥。

テリー そんなの、つまんないよ。もっとオシャレして出かけないと。あ、もしかして、今日みたいな服はふだん着てないだろ?

飛鳥 あ、バレちゃいましたか?(笑)。3年ぐらい前までは、観た映画に影響されて常にパーティみたいな服を着ていたんですけど(笑)、その格好で原宿を歩いてたら、友達に「ちょっとおかしいんじゃないか?」と言われちゃって。それ以来、ジャージがメインになりました。

テリー ダメだよ、ジャージなんて60過ぎてからでも着れるんだからさ。若いうちは、ふだんからパンツが見えそうな格好してないと。

飛鳥 アハハハハ、パンツはともかく、確かにそうですね。これから気をつけます(笑)。

テリー そうだよ。せっかく色っぽい写真集も出たばっかりなのにさ。

飛鳥 ありがとうございます、「凛」というタイトルで、去年、(静岡県の)下田と横浜で撮影してきました。

テリー 初写真集ということで、特にこだわった部分はある?

飛鳥 何か濡れているイメージがいいなと思ったので、「海で撮りたい」とリクエストしたのと、今回の映画が主に女性同士のお話だったので、「カメラマンさん、スタッフの方は全員女性で」とワガママを言っちゃいました(笑)。

テリー (写真集を見ながら)お、ヌードもあるじゃない。ロマンポルノもあったから、もう脱ぐのに抵抗はなかった?

飛鳥 いえ、1枚の写真でいろんなことを表現しないといけないので、逆に緊張しちゃって。ただ、女性ばっかりの現場だったので、キャーキャー言いながら楽しめました。

テリー じゃあ、ファンの人には映画と写真集、2つの飛鳥凛の魅力が楽しめるわけだ。じゃあ最後に、これからかなえたい夢とかある?

飛鳥 ラスベガスに行きたいです!

テリー へえ、そりゃまた何で?

飛鳥 何も知らない、言葉もしゃべれない土地ですが、ラスベガスはすごく近代的・未来的なイメージがありつつ、近くにはモニュメントバレーやグランドキャニオンみたいな何億年も変わらない大自然の景色が見れたり。1週間ぐらい生活してみたいんです。

テリー あと、舞台も楽しめるかもね。

飛鳥 はい。あと、お仕事では、機会があれば海外の映画に出てみたいですね。特に中国の映画に出たいという気持ちが強くて。

テリー この映画がヒットしたら、そんなチャンスも舞い込んでくるよね。

飛鳥 そうですね。ですから、ぜひ「ホワイトリリー」を皆さんに観ていただきたいです。

◆テリーからひと言

 映画と写真集も見応え十分だったし、実際会ってみると明るくて、すごくいい子だったね。今度、俺にも写真集撮らせてよ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」