政治

スッパ抜き!松野博一文科相の秘書が無銭飲食していた!(1)新橋のスナックに飲みに来た4人組が…

20170309v1st

 文部科学省の組織的な天下り斡旋問題で追及を受ける松野博一文科相(54)に、新たな問題が発覚した。秘書が「無銭飲食騒動」を起こし、店とトラブルになっていたのである。その一部始終を追うと──。

「4人はスクッと立ち上がると、コートを手に持ったまま急いでカバンを取り、無言のまま脱兎のごとく逃げていきましたよ」

 憤懣やるかたない様子でこう語るのは、東京・新橋のスナック「Y」のママ。雑居ビルの地下にあるこの店に「4人」がやって来たのは、昨年12月21日のことだった。

「夜11時頃だったと思います。男性3人、女性1人が一見で入ってきた。女性は店にいた常連客の1人と顔見知りだったようで、挨拶をしていました。そういえば、直前に(常連客が)電話していたけど、その女性とだったのかもしれない。ボトル制であることを説明するとウイスキーにする、と。4人はカウンター後ろのソファ席に座り、水割りを作ったら、飲むや歌うや、ドンチャン騒ぎ。1時間ほどたって、男性2人が名刺を差し出しました」

 名刺の主は松野文科相の秘書・T氏と、白石徹衆院議員(60)の秘書・S氏。ちなみに、常連客のA氏と顔見知りらしき女性は、菅家一郎衆院議員(61)の秘書・M氏だった。やがて時間は経過し、ママは営業終了をアナウンスする。

「さんざん飲んで、おつまみもいろいろ出しました。それで『お会計、お願いします。皆さん、もう終わりますから』と言って、お勘定を書いた伝票を出したんです」(ママ)

 その直後に展開されたのが、冒頭の「逃走シーン」だという。ママが続ける。

「1人目がドアを開けて出ようとしたところで再度、『お会計、お願いします!』と大声で言いましたよ。でも、4人はそれを無視して階段を駆け上がっていってしまった。慌ててカウンターから出て追いかけ、外へ出たけど、もう姿が見えなかったですね」

 残されたのは、T氏の名前が書かれたキープボトルのみ。そしてこのあと、事態は第二の展開を見せる。数日後、くだんの常連客のA氏が「Y」に立ち寄った際、こう言ったという。

「あの女性(M氏)とは1、2回しか飲んだことがない。でも(顔見知りの)責任を感じるから、立て替える」

 そしてママに、4人が支払うはずだった代金2万7500円を渡している。

「Aさんに領収書を渡すと、携帯電話のカメラでそれを撮影して、その場で女性(M氏)に送信して返済を促していました。女性は他の3人からも集金して返す意思を見せたようですけど、そのあとは何の連絡もなかった」(ママ)

 そのまま年が明け、再びA氏は「Y」へ飲みに来た。ママによれば、

「Aさんは『あれから何の音さたもない。電話してもメールしてもナシのつぶてだ。あの女はバカにしている』と怒っていました」

 1月27日になって、「Y」の別の常連客がママとA氏を助太刀すべく松野氏の事務所に連絡を取り、あらためて返済を促した。すると即日、松野氏の別の秘書からA氏に「会って弁償したい」と連絡があったという。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」