芸能

謹慎中・狩野英孝の「8月復帰企画」全容を入手!

20170309m

 今年1月、17歳の女子高生とのスキャンダルが持ち上がった狩野英孝(35)。疑惑まみれで、無期限謹慎となった。ところが、早くも復帰プランが浮上しているというのである。その驚くべき全容とは──。

 狩野は、疑惑を一部写真誌で報じられると、すぐさま会見を開き、交際の事実を認めて謝罪するとともに、無期限謹慎と芸能活動の自粛を発表した。

 スポーツ紙の芸能デスクは語る。

「狩野は昨年にも、川本真琴(43)と加藤紗里(26)との三角関係疑惑、さらには6股騒動と続いた。まして今回は未成年との騒動ですからね。芸能人の恋愛スキャンダルへの風当たりが強い昨今、普通に考えれば、芸能界復帰の道は相当に険しいと思いますよ」

 だが、意外にも、狩野の復帰を望む声がテレビ業界で数多く上がっているというのだ。

 複数のバラエティ番組を手がける放送作家がこう明かす。

「狩野さんはああ見えて仕事に対してはすごく真面目なんです。番組出演の際には、事前の打ち合わせ段階から積極的に発言したりしますし、とても礼儀正しく、その人間性が先輩芸人やスタッフから評価されています。しかも、地下アイドルとも言われている今回のお相手の女子高生はお笑い好きで、狩野以外にも複数の芸人に近づいていたともささやかれている。芸人仲間や業界関係者の多くが狩野さんに同情的なのは、そうした背景もあるのでしょう」

 こうした周囲の後押しがあるからこそ、「狩野復活プロジェクト」が水面下でひそかに進んでいるのである。

「復帰時期は8月を目指しているそうで、当初は、日本テレビさんの『24時間テレビ 愛は地球を救う』で、チャリティマラソンランナーとして走る案が噂されました。とはいえ番組の性質上、さすがに番組スポンサーの兼ね合いなどもあって、白紙になったようです。そもそも、狩野さん本人もあまり乗り気ではなかったと聞いています」(前出・放送作家)

 そこで、新たに狩野に手を差し伸べようとしているのが、あの人気バラエティ番組の名物ドッキリ企画だという。

「テレビ復帰第1弾は、以前から狩野さんをかわいがっている、ロンドンブーツ1号2号がMCを務め、これまで狩野さんのブレイクにも一役買ってきた『金曜★ロンドンハーツ』に決定したようです」(民放局バラエティ番組スタッフ)

 同番組といえば、前身番組の企画で、狩野がアーティスト名義で単独ライブを開催したり、三角関係疑惑の渦中に加藤紗里と共演したりと、狩野にとってはなじみの深い番組である。

 とはいえ、世間一般からは著しくイメージが悪い狩野をどのように起用するというのだろうか。

 前出・放送作家が明かす。

「番組内のドッキリ企画で、狩野さんのプライベートを隠し撮りするんです。もちろん、“ハニートラップ”を仕掛けて、引っ掛かるかどうかをみんなで笑おうというものになります」

 すでに前身番組でも、ハニートラップを駆使した人気ドッキリ企画「ザ・トライアングル」で、狩野はたびたびターゲットとして登場し、視聴者の期待どおりに鼻の下を伸ばしてトラップに引っ掛かり、番組を盛り上げた実績がある。

 それにしても、狩野の起こした事態の重さを考えると、今回もまたハニートラップに引っ掛かってしまえば、笑いものになるのは企画の意図したとおりだろう。だが、謹慎生活で反省していたのかどうかが疑われ、それこそ放送すること自体が危うくなるのではないか。

「表向きはガチンコ企画という名目で、お笑いの要素も入れつつ、復活の場ですから、狩野さんの好感度がアップするように編集して放送すると思うんですけどね」(前出・放送作家)

 たとえ手心が加えられなくても、お得意の「野生の勘」で、ドッキリ企画だと見破ってほしいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」