スポーツ

「春の選抜」春夏通じて初の完全試合を達成したのは群馬県の投手

 バラエティ番組でも比較されることの多い茨城県、栃木県、群馬県の北関東3県。しばしば名所やグルメについて出身有名人がつばぜり合いをしているが、これが高校野球となると群馬県はこの両県にやや遅れを取っている。茨城県と栃木県ともに夏の優勝2回、春1回。準優勝も夏1回、春2回なのに対して、群馬県は夏の優勝こそ3回あるものの、春の選抜に関してはまだ1回も優勝経験がないからだ。最高成績は古豪・桐生の準優勝が2回のみなのである。

 だが、そんな群馬県がこの両県、そしてほかの都道府県にも誇れる記録がある。それは“春夏の甲子園を通じて史上初の完全試合を達成した投手”を輩出したということだ。しかも、この完全試合、夏の選手権ではいまだに達成者がゼロなだけに、非常に貴重な記録なのだ。

 その偉業が甲子園史上初めて成し遂げられたのは78年の第50回大会。1回戦で比叡山(滋賀)と対戦した前橋はエース・松本稔が躍動感のあるフォームから小気味のいい速球と変化球を高低に投げ分ける。コントロールも抜群で相手打線を翻弄。打者27人に対し、初球ボールはたった3回だけ。カウントが3ボール2ストライクになったのも1度きりと見事な制球力を披露したのだった。結果、奪三振5、内野ゴロ17、内野フライ2、外野フライ3のわずか78球。最後は初球、相手打者が外角へのシュートを引っ掛けたゴロを松本本人ががっちりと捕って1塁へ送球。1対0で勝利し歴史的快挙を達成した。

 春の選抜では1019試合目、春夏の大会を通じてでは、実に2430試合目で成し遂げられた偉大な快挙であったが、松本は身長168センチ、体重63キロと小柄で、決して大会前に注目された投手ではなかった。さらにチームも文武両道の進学校で、決して野球強豪校ではなかった点も見逃せない。その群馬県からは今年、前橋育英と健大高崎の甲子園常連校2校が出場している。前橋がなし得なかった群馬県勢初の春の選抜制覇という偉業達成に期待がかかる。

 なお、この後、春の選抜では94年の第66回大会で金沢(石川)のエース・中野真博司が初戦の江の川(現・石見智翠館=島根)戦で完全試合を達成していることを追記しておきたい。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!