芸能

娘の話がネックだった?松本人志が「ガキ使」でトーク復活を受諾した舞台裏

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)で、8年ぶりにダウンタウン2人のトークコーナーが復活した。28年目に突入した人気番組にいったい何が起きているのか。

「2人のトークコーナーをやめたのは、当時、松本人志に娘さんが生まれ、娘や家族のことを聞かれるのが嫌だったため、というのが定説です。その娘も8歳になり、そろそろ話題にしても差し支えないという判断があったのかもしれません。現に今回の放送では、娘から『35引く17』を聞かれ困ったエピソードで笑いをとっています」(テレビ誌記者)

 しかし松本は以前、「ワイドナショー」(フジテレビ系)の中で、「今やったとしても、前ほど面白ないよ。衰えてるもん。それでもいいならやるし」と復活に消極的な姿勢を見せていた。それを復活させたのには別のところに理由があるという。業界関係者が語る。

「2人は今や芸歴35年の大御所。最近は松本の『ワイドナショー』や『クレイジージャーニー』(TBS系)、浜田雅功の『プレバト!!』(TBS系)など、それぞれピンの番組は視聴率も安定していますが、肝心の冠番組の視聴率がイマイチと言われています。その中でも『ガキ使』の視聴率が一番低い。これまでリリースしたDVDが300万枚売れているキラーコンテンツだけにやめるわけにはいきません。そこで、人気の高かった2人のフリートークを復活させたという話です。ちょうど『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー『本気ではしご酒』でトークする機会も増え、復活するなら今、という判断が働いたのかもしれませんね」

 いずれにせよ、コンビ結成35年の大御所だけに始めたからには、そう簡単に止めるわけにはいかないだろう。果たして、トークコーナーの復活は吉と出るか凶と出るか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性