スポーツ

浅田真央「引退会見」で改めて証明した類まれなるスター性

 浅田真央の引退発表に、テレビでは引退会見を生放送し、急遽特番を放送するなど、大騒ぎとなっている。もとより人気選手ではあったものの、引退の場に立って改めてスター性を示した格好だ。

「浅田が自身のブログに引退を報告したのが4月10日の夜。深夜のニュース番組が速報で取り上げたのはもちろんですが、翌朝のワイドショーもこぞってトップニュースで報じました。さらに12日の引退会見もEテレとテレビ東京をのぞくすべての局が生中継し、緊急特番も2局で放送しました」(芸能ライター)

 引退会見には、150席が用意されたと報じられたが(最終167席)、集まった報道陣は大手メディアからインターネットテレビ局、専門誌、フリーの記者、米国や台湾など海外メディアも合わせて約450人。テレビカメラは約50台、スチールカメラは約100台と、近年では最大規模の記者発表となった。

「NHKの生中継は予定時間の30分ピッタリで終わり不評でしたが、平日の昼間だというのにこの時間帯の前4週の平均視聴率2.3%のところ5.0%。『バイキング』(フジテレビ系)も前4週の平均が4.2%のところ5.1%。生中継したほかの民放各局も、軒並み視聴率アップしています」(前出・芸能ライター)

 氷の上でスターなら、去り際もまたスターだったのだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」