スポーツ

WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(1)筒香嘉智はアメリカ戦が理由で絶不調?

 日本列島を熱狂させた侍ジャパンのメンバーに明暗くっきり──。大舞台での貴重な経験と引き換えに、絶不調に陥った者。あるいは、WBCバブルの恩恵を受ける者。ペナントレースに多大な影響を与えている「その後」を追った。

 侍ジャパンの不動の4番だった横浜DeNAの筒香嘉智(25)は、開幕11試合でノーアーチ、打点もわずか1。好機をことごとく潰し、ラミレス監督(42)を悩ませている。5番を打ち、3本塁打と爆発した日本ハムの中田翔(27)も、右にならえの不振ぶり。あげく右足内転筋を痛め、4月13日に一軍登録を抹消されてしまった。

「中田はそもそも、WBC前から右手首と腰を痛めていましたが、『小久保裕紀監督(45)の男気に応えたい』と強行参加したんです。2次ラウンドの終盤は体調不良で欠場したほど。そこからすぐにシーズン突入ですから、完全なWBC後遺症ですね」(NPB関係者)

 一方の筒香は、準決勝の米国戦ですっかり打撃を狂わされた。1点を追う8回二死一、二塁で打席に入ると、米国のマウンドはフィリーズのセットアッパー、ニシェクに交代。見たことのないようなタイミングで真横から投げてくる超変則右腕の前に、逆転ホームランかという打球がガクッと失速してライトフライに。試合後、筒香は「すぐ目の前で手が出てくる感じだった」と関係者に漏らしたというが、これで繊細に作り上げた打撃は壊れた。テレビ中継スタッフが言う。

「練習ではサク越え連発で相変わらずスゴいんですが、試合ではさっぱり。まだあの変則右腕の残像が残っているのかもしれません。横浜の桜木町駅前ビルに数十メートルの巨大な筒香の写真を使った広告を打った営業サイドが『筒香でプロモーションができない』と困り果てているとか」

 WBCでラッキーボーイとなった巨人の小林誠司(27)もさっぱりだ。打率は1割を切り、打点は0(4月13日現在、以下同)。チャンスでは当たり前のように代打を送られる。おまけにリード面も冴えないのだ。球団関係者によれば、逆転負けで3タテを食らった4月13日の広島戦での9回、松山竜平(31)に浴びた同点アーチの配球を、元中日監督の谷繁元信氏に「配球ミスで負けた」とブッタ斬られる始末。前出・NPB関係者が苦笑する。

「実はWBCのリードは全て、権藤博投手コーチ(78)に『こうしろ、ああしろ』と具体的に指示されたのをそのままやっていただけ。それを知る関係者の間では『シーズンに入ったらボロが出る』と言われていましたが、まさかこんなに早く元に戻るとは」

 WBC開幕のキューバ戦で大爆発したソフトバンクの「熱男」松田宣浩(33)も、ペナントレース開幕後は絶不調に陥った。

「多大な緊張感の中でプレーしたため、帰国後しばらくは眠れない日が続いたそうです。松田の場合、燃え尽き症候群のような状態になってしまっている」(球界関係者)

 投手陣では巨人・菅野智之(27)が先発2戦目の広島戦で打ち込まれ、追加招集されていたソフトバンクの武田翔太(24)も右肩の違和感で登録抹消されている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは