芸能

香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ

 4月16日に放送された長谷川博己主演のドラマ「小さな巨人」(TBS系)の視聴率が、13.7%だったことがわかった。同ドラマは、大ヒット作「半沢直樹」(TBS系)を意識した作りになっているという。

「『半沢直樹』で主演を務めた堺雅人は、続編への出演を渋っていると一部で囁かれています。そのためTBSは“第2の半沢”を生み出すべく『小さな巨人』を制作したようです。また今回は小説家・池井戸潤原作でなく完全オリジナルであるものの、スタッフは半沢組が集結し、役者の顔のアップを多用する演出も、そのまま引き継がれています」(テレビ誌記者)

 そんな同ドラマは今回、まずまずの視聴率を記録したことで、最終回までに「半沢直樹」や「下町ロケット」のようなTBSを代表する作品になるかどうかに大きな注目が集まっている。

 しかし4月20日発売の「週刊文春」によると、現場では険悪なムードが漂っているという。

「記事では、主演の長谷川がNGを連発していると報じています。第1話で捜査本部が登場するシーンでは彼がセリフを飛ばしてしまい、アタフタしていたとのこと。すると共演者の香川照之が不機嫌になり、現場は険悪なムードに包まれたようです。同ドラマは、TBSが今期もっとも力を入れているドラマですし、ベテラン俳優も多く出演している。そのため長谷川には、セリフを飛ばすほど大きなプレッシャーが、のしかかっているのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 放送後、視聴者からの評判は上々な「小さな巨人」。はたして長谷川は様々なプレッシャーを跳ね除け、高視聴率ドラマへと導くことができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論