芸能

視聴率が高くても不評!?ドラマ「小さな巨人」に感情移入できない理由とは?

 大ヒットしたドラマ「半沢直樹」(TBS系)のスタッフが数多く参加している、現在放送中の同局のドラマ「小さな巨人」。今期の民放ドラマの中で、第5話までの平均視聴率13.2%は「緊急取調室」(テレビ朝日系)の14.2%(第4話まで)に継ぐ人気だ。

「初回17.9%だった『緊急取調室』が第3、第4話で12.4%に数字を落としていますから、『小さな巨人』が今後追い抜く可能性は十分にあります。ですが実はこのドラマ、安定した視聴率に反して、感情移入できないという『不評の声』もあるんです。ゆくゆくは捜査一課長と目されている長谷川博己演じる主人公が、飲酒しての取り調べがきっかけで所轄に左遷され‥‥というところから物語が始まり、所轄と警視庁の対立、警察内の不正などが次々描かれていく展開は、ドラマとはいえ、視聴者受けしそうな話を盛り込みすぎていることもあり、リアリティを感じにくいというんです」(週刊誌記者)

 どんなドラマもフィクションである以上、登場人物の職業に実際に就いている人などから、「ウソ臭い」「ありえない」「きれいに描かれすぎ」などの声があがることは珍しくない。しかし、あまりにも制作サイドの都合に合わせた描き方のまま展開していくドラマに、視聴者がどこまで付き合ってくれるかは疑問である。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!