芸能

大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(2)演技論トークでソノ気にさせ…

 翌88年、ドラマ「男女7人夏物語」(TBS系)で意気投合したさんまとの結婚を発表。ドラマの設定を地でいく丁々発止のやり取りから、「おもろい夫婦」とも言われたほど。

 当時を取材したベテラン芸能記者が述懐する。

「前夫の一周忌が済まないうちに結婚を発表したのは、妊娠が発覚(最初の子は流産)したためです。その後、長女・IMALUを無事出産しているが、大竹は意外に束縛したがるさんまにげんなりし、ほどなく別居状態となった。それでも、自身が継母に育てられたさんまは、義理の息子を特別にかわいがり、離婚には踏み切らなかった。しかし、大竹の“ある行為”にさんまの堪忍袋の緒が切れたのです」

 それが93年発売の篠山紀信氏の撮影によるヘアヌード写真集「闇の光」だった。

「当時から芸能界では指折りの稼ぎ頭のさんまを夫に持ち、しかも小学生と幼稚園児の2児の母である大竹が脱ぐ必然性はまったくなかった。一説では、篠山氏から写真集の話を口説かれていたが、先にヘアヌードを出した樋口可南子(58)に強烈なライバル心を抱き、『私が一番じゃないなんて!』と激しく憤っていたと言われている」(芸能記者)

 さんまの次は野田氏と事実婚。東京・世田谷の豪邸で一家4人が同居した。

「つかこうへい氏、蜷川幸雄氏、三國連太郎ら今は亡き大御所から、野島伸司氏(54)、松尾スズキ氏(54)まで、自分にはない才能の持ち主には自分から果敢に攻めるタイプ。『私だったらこう演じてみたいんだけど』とゆったり演技論トークを始め、相手が気を許すと、今度はしつこく追い回す。大女優の大竹に甘えられると誰もがソノ気になってしまう。共演者と次々に浮き名を流すあたりは松田聖子(55)に似ていますが、聖子は沙也加に愛人だったジェフをパパと呼ばせたのに対し、野田氏に『パパと呼ばれたい』と言わせた大竹はさすが」(芸能デスク)

 芸能レポーターの城下尊之氏が大竹の男半生をこう見抜く。

「彼女はさんまと結婚したことでバラエティ番組のトークもうまくこなせるようになり、野田氏との事実婚で舞台女優としての才能をますます伸ばしていった。つまり、才能ある男のいいところをすべて吸収してしまう吸血鬼のような女優なんです。しかも、最初の服部氏との結婚は5年、さんまは4年、野田氏とも5年と長く続かないのが特徴です。彼女とつきあう男に『5年周期説』がささやかれるのは、どんな才能あふれる一流の男でも5年で吸い尽くしてしまうからかもしれません」

 アラ還でも、いまだに豊川悦司(55)、嵐・松本潤(33)、RADWIMPS・野田洋次郎(31)など年下男との噂が絶えない魔性の女。ミーハーな下心を常に持ち続けるところも演技派女優の真骨頂のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり