スポーツ

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(2)ソフトバンクが抱える遺恨

 ところで、節操のない補強に走る巨人フロントを「見る目ねーな」と嘲笑しているのがソフトバンクの一部フロントだという。

「FA移籍した森福允彦(30)はすでに『ワンポイントすら怪しい』という評価だったのに、巨人の編成は『ロングリリーフもできる』と厚遇したんですからね。山口も陽も調査こそしたものの戦力にはならないと判断し、ソフトバンクはまともな交渉すらしていない。巨人が名実ともに弱体化したのは、選手やコーチを正しく見抜けないフロントの責任ですよ」(球団関係者)

 実際、ソフトバンクは今季も先発投手陣の不調や故障に悩まされながらも2位を堅守。これは、工藤公康監督(54)が今季より迎え入れた達川光男ヘッドコーチ(61)の存在も奏功の一因と言われている。

「工藤監督の言うことが難しすぎて、選手がなかなか理解できずに不満がたまっていた。おまけに、非常に細かいことを言いたがる性格で、巨人時代にはバッテリーを組んでいた阿部慎之助(38)がイップスになったほど。こうした工藤監督と選手の間に立って、緩衝材になっているのが達川ヘッドです」(前出・球団関係者)

 ところが、この達川ヘッドが新3大遺恨の2つ目の火種になっていた。危険なカードはDeNA戦。高田繁GM(71)と相まみえたら大炎上必至だというのだ。

「DeNA創設時の11年オフ、高田GMは工藤氏へ監督就任交渉をしています。その際、工藤氏がいちばんこだわったのが達川氏のヘッドコーチ入閣でした。ところがこの提案に高田GMは『お前が決めるんじゃない。俺が決めるんだ』とまったく受け付けず却下し、『他でいくら譲歩しても達川ヘッドの入閣だけは認められない!』と交渉決裂したんです」(球界OB)

 つまり高田GMは、監督就任をソデにした工藤氏よりも、ハナから達川氏に対して指導力とは別の部分で悪感情を抱いていたようなのだ。その達川ヘッドが工藤監督を支えてDeNAの前に立ちふさがる。しかも今年の同カードは、6月2日から横浜スタジアムで対戦するため、高田GMが球場入りする可能性も高く、すでに関係者は緊張感を強めているという。

「2人の関係は一方的ではなく、そもそもの原因はわからないのですが、達川ヘッドも高田GMを『あのバカ』呼ばわり。周囲に『ワシはたいがい心が広い人間じゃけ。でも、あいつだけは未来永劫許さん』と話したことまであったほどです」(球界関係者)

 場外乱闘も待ったなし。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」