芸能

芸能美女たちのロケットバスト事変(1)TBS・宇垣美里は自慢のバストで…

 北の半島から繰り返されるミサイル発射が列島を震撼させている。一方、芸能界では隠しても隠しきれない見事なバストを持つ美女が威力抜群のロケットのようなその胸でブルルンと挑発中だ。酒場で胸コスリ、ゴージャス谷間見せ、バストを揺らしダンス‥‥日本列島をピンクに染める「バスト事変」を一挙6連射する!

 朝から全国津々浦々にロケットのような胸を着弾させているのは、TBS・宇垣美里アナ(26)だ。

「出演中の『あさチャン!』では時折、エンディングの際にお辞儀ポーズで薄いニット地の服から豊乳谷間をプルルンと披露する姿が話題を呼んでいます。もっとも、昨年12月にHEY!SAY!JUMP・伊野尾彗(22)との密会が発覚して以降は芸能人との交遊など、派手な遊びを控えているようです」(芸能デスク)

 スキャンダルにもめげず、推定G乳谷間見せを欠かさないサービス精神で、局内幹部の覚えもめでたい。

「基本的に上司との酒場でのトークにNGはありません。胸が大きいことを指摘されても『Gカップですからねぇ~』とニッコリほほえんで受け流すし、これまで報じられた交際男性について問われても『相性が合わなかったんです~』と意味深な発言で翻弄するんです」(TBS関係者)

 こうした宇垣アナのオヤジキラーぶりは学生時代に培われたものだという。

「同志社大時代、ミスキャンパスに輝いた才色兼備ぶりでTBSの内定を早々と決めたあとも連日連夜、マスコミ交流会に参加していた。何でも、大手広告代理店の社員から、上司の心をつかむことがいかに重要なのか、社会人としての心得を懇切丁寧に手ほどきされたようです」(前出・芸能デスク)

 その成果か、入社してさらに輪をかけた“へつらい言動”が目撃されている。

「飲み会も終盤になると、頭を左右に振り『酔っ払っちゃいましたぁ~』とアピール。宇垣アナの隣に座っている幹部男性が『大丈夫か?』と気遣うと、宇垣アナは『すいません』と詫びながらも、しまいには上半身を預けてしなだれかかってくる。当然、自慢のG乳を肘や肩に押しつける形になるのでプリンとした乳の質感まで体感できるそうです」(前出・TBS関係者)

 お酒でほてったカラダをスリスリ‥‥男にとっては絶好のチャンス!

「もちろん、宇垣アナがアフターの誘いに乗ることはありません。『朝が早いから』とタクシーを捕まえてさっそうと帰宅します。局内では『一度はパイズリを受けてみたい!』とゲスな志願者があとを絶たない」(前出・TBS関係者)

 女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏の評価も高い。

「TBSの女子アナは昨年、加藤シルビア(31)、吉田明世(29)、林みなほ(27)らが立て続けに結婚し、人材不足です。昨年から『あさチャン!』の降板が噂される夏目三久(32)の後釜に座るのは宇垣アナの可能性が強い」

 豊乳妙技で看板アナにのし上がるか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから