芸能

有吉弘行も「改名芸人」だった!名前を変えて売れた芸人、ダメだった芸人

 かつて、「海砂利水魚」が「くりぃむしちゅー」に、「バカルディ」が「さまぁ~ず」に改名して、一気に売れた。浮き沈みが激しい芸能界に身を置くタレントは、誰もが一度は改名を考えるが、この2組は完全にプラスに働いた。しかし、好転せずにしびれを切らして、元に戻した芸人もいる。演芸に造詣が深いフリーライターに話を聞いた。

「意外ですが、今なお引っ張りダコの有吉弘行も、改名芸人なんですよ。1996年、森脇和成と結成した猿岩石が、『進め!電波少年』(日本テレビ系)で大ブレイク。時代の寵児となり、最高月収2000万円になりましたが、ブームの終焉と同時に、人気も仕事も下降線。海砂利、バカルディが改名して浮上したことに便乗して、猿岩石は“手裏剣トリオ”に名を変えました。『内村プロデュース』(テレビ朝日系)にはこの名で出演していましたが、泣かず飛ばず。1年もせず、猿岩石に戻しました」

 だが、時すでに遅し。再びスポットライトを浴びることはなく2004年に解散した。これはマイナスに動いたパターンだ。では、この中間。現状維持という微妙なラインをキープしたコンビといえばライセンスだ。先のフリーライターは続ける。

「『よしもと男前ランキング』の殿堂入りを果たしている藤原一裕さんと、ダウンタウン・浜田雅功さんがもっとも信頼している後輩の井本貴史さん。彼らは2007年、番組の罰ゲームで、“ザ・ちゃらんぽらん”に変えさせられました。事務所の先輩に“ちゃらんぽらん”というコンビがいたため、“ザ・”をつけたんですが、これが大コケ(笑)。猿岩石と同じく、1年を待たずして戻しました。結果、良くも悪くもなりませんでした」

 テレビ出演が多くないため、知名度は高くないライセンス。だが、依然として劇場人気は高く、そろって1児のパパ。人としての幸せは、ふ~んわり手にしたようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手