社会

静岡伊東沖群発地震は「富士山噴火」の前兆だ!(1)富士山噴火の引き金は海底地震?

 週刊アサヒ芸能は5月から発生した「大分の地割れ」に着目し、17年6月20日号で「巨大地震発生」の危険性を緊急レポート。悪い予感はズバリ的中し、雑誌発売日の深夜に大分南部で震度5強の地震が観測された。さらに昨今の地震データを徹底検証すると、意外な“大災害”の兆候が明らかに──。

「このところ、伊東沖で群発地震が続いています。群発地震といっても毎年のように起こっているので驚きもしませんが、青ヶ島沖の海底火山であるベヨネース列岩や西之島の活発な活動があるので、気になります」

 こう語るのは防災ジャーナリストの渡辺実氏だ。

 長らく続いていた火山活動の静穏期の終わりが近いと言われているだけに、何とも不気味なのだ。地震学者で武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏が言う。

「伊豆半島の東部からその沖の海中にかけて小さな火山がたくさんあり、伊豆東部火山群と言われています。それらは『単成火山』というもので、富士山のように噴火を繰り返すのではなく、たった1回の噴火でできた火山なんです。1989年には、伊東市沖で手石海丘が海水を吹き上げて海底噴火が始まりました。陸地から2キロ余りの距離にあったのでよく見えました」

 伊東市からほど近い富士山噴火への影響が懸念されるが、島村氏に聞くと、

「将来的に噴火はあるかもしれないが、今すぐということはない」

 それでも不安は拭えない。琉球大学名誉教授の木村政昭氏の解説によれば、

「太平洋プレートのプレッシャーが強まり、太平洋側全域でさまざまな現象が起こっている。伊東沖で群発地震が起きているのも、そのせいかと思います。富士山の噴火は、私が予想する伊豆・小笠原沖で巨大地震が発生してからのことになると思われます」

 富士山噴火の引き金になりうる海底地震。それは、1912年、50年、そして86年とほぼ30~40年周期で噴火した伊豆大島・三原山が深く関係している。最後の大噴火以降、その兆候が見当たらないことから、代わって、伊豆・小笠原諸島一帯でM9クラスの巨大地震が起きるのではないか。それが木村氏が立てた仮説なのだ。

 本州や周辺地域に発生してきた地震や噴火は、太平洋プレートによる強い押し出しが原因とされている。

「ちょうど今、西之島の上に“地震の目”がある。西之島の地下では猛烈な火山活動が発生しているが、ここを震源とした巨大地震が発生するのではないか」(前出・木村氏)

 海底の異変を裏付けるかのように、太平洋沿岸では、さまざまな“凶兆”が見られたという。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」