芸能

映画「鋼の錬金術師」ビジュアル公開に「やっぱり仮装大会か」のガッカリ声

 7月14日に公開された「銀魂」をはじめ、7月29日には「東京喰種」と漫画の実写映画化が目白押しだ。だが、「進撃の巨人」「無限の住人」「テラフォーマーズ」と評価はどれもよくない。

「漫画のファンは映画が原作のイメージを壊すのを嫌います。そのため、中途半端な実写化をするぐらいなら、しないでほしいというのが正直な気持ちなんです。それでも漫画を原作にすると一定数の観客が見込めるため、この流れはまだまだ続くでしょう」(漫画誌ライター)

 そんな中、7月12日にHey!Say!JUMP・山田涼介が主演の「鋼の錬金術師」のキャラクタービジュアル(イメージ画像)が公開された。「鋼の錬金術師」は、錬金術がもてはやされている架空の世界を舞台にした物語。産業革命時のヨーロッパがモチーフになっているようで、登場人物はみな外国人。そのため、制作が決まり、キャストが日本人ばかりであると判明した際は、ファンから大ブーイングが上がった。

 公開されたのは本田翼が演じるウィンリィ、ディーン・フジオカのマスタング大佐、佐藤隆太のヒューズ中佐など。一見すると、原作のイメージを壊すほどではないようだが…。

「無限の住人ほどしょっぱくはありませんが、目の肥えたファンを納得させるまでには至らなかったようです。彼らの評価は『またしても仮装大会』で一貫しています。ファンタジー作品は衣装が非現実的なので、実写にすると仮装大会にしか見えない。『ジョジョの奇妙な冒険』に『銀魂』と仮装大会作品が続き、漫画ファンはもう辟易しているんです」(前出・漫画誌ライター)

 映画「進撃の巨人」は、原作の熱心なファンがネットで批判を繰り返したため評価が下がり、興行的に失敗したとされる。「ハガレン」も同じ道をたどらなければいいが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」