芸能

松居一代「シンガポールに法人設立」は、実は誰でもできることだった!

 夫の船越英一郎を相手に泥沼の離婚劇を繰り広げている松居一代が、今度は海外進出をぶち上げた。7月21日付のブログにて、シンガポールに法人を設立したと明かしたのである。

 しかもその場所は、シンガポールの新たなランドマークとして日本人旅行者にも人気の高級ホテル「マリーナベイ・サンズ」のレジデンスだというのだ。このレジデンスの賃料はもっと安い部屋でも月額40万円ほど。何とも豪華な現地法人だが、いったいどんなカラクリになっているのか。アジア事情に詳しいライターはこう耳打ちする。

「実はシンガポールに現地法人を設立するのはさほど難しくありません。法人設立をサポートする業者がいくらでもあり、数十万円ほどの手数料を支払えば現地での申請などを全部やってくれるのです。この金額なら松居でも賄えるでしょうし、申請者本人が現地に赴く必要すらありません。そもそもブログの文面からすると、彼女はシンガポールに行ってない可能性も感じられます」

 松居はブログ内で「マリーナベイサンズ(中略)そこの、レジデンス、51階に法人を設立しました」と説明。しかし同ホテルと“マリーナベイ・レジデンス”は同じマリーナベイ地区に建っているものの、経営はまったく別物で直接の関係はない。しかも現地に行けば両者が数百メートルも離れて建っていることがすぐにわかるはずだ。

「現地法人の設立にはシンガポール国内の住所が必要。会社設立サポートにはその住所を貸してくれるメニューも用意されており、人気コンドミニアムの住所を年間十数万円で使えるのです。いわゆるペーパーカンパニーであり、日本企業が名目上の現地法人をこういった形で設立しているケースも珍しくありません。もっとも松居にとってその現地法人がどういうメリットを生むのかはよくわかりませんがね」(前出・ライター)

 果たして松居がそのシンガポール法人を活用する日は来るのか。ビジネスで成功したいという彼女の今後から目が離せないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」