芸能

真木よう子、主演連ドラのバスト強調シーン連発に男性ファンが歓喜!

 7月12日放送の初回視聴率が5.1%の低空発進となり、主演の真木よう子が「皆様に悲しいお知らせがあります」とツイートしたドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)。がらっぱちな主婦が読者モデルを目指すというストーリーが視聴者にはイマイチ響いていないようだが、一部では「本ドラマは必見!」との声が盛り上がっているようだ。

「真木のバストがたっぷり堪能できるとして、男性視聴者から『当たり!』との声があがっています。第1話の放送直後には真木のガリガリ体型を危ぶむ報道も多かったものの、男性ファンはむしろ『やせたことでさらに胸が目立つ』とポジティブに評価。真木の武器であるGカップバストも少しはしぼんだようですが、それでもFカップ級の破壊力はすさまじく、ファンからは『真木の出演シーンはすべてが必見』との声さえ出ています」(テレビ誌ライター)

 制作側もそんな男性視聴者の期待に応えるかのように、リュックを背負わせることで胸の形を目立たせたり、背中をピンと伸ばして胸を張りながら食事したりと、真木のバストが突き出る演出を連発。ジャージを着ての運動シーンでは円錐形に盛り上がる胸を真横から映しだすなど、「グッジョブ!」と叫びたくなるシーンが続出だったのである。

「そして極めつけは女性誌のパーティーシーン。読者モデル役の真木はカクテルドレスを着用し、歩くたびに薄い生地の下で胸がぶるんぶるんと揺れまくっていました。これがマンガなら間違いなく『ゆっさゆっさ』との擬音がついていたことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 その暴れん坊ぶりはもはや、ストーリーが頭に入ってこないほど。逆に言えば今後の展開がどうなろうとも本ドラマは、真木目当ての男性ファンにとって最後まで必見なのは間違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”