芸能

三田佳子VS黒木瞳「ばばママ」バトル現場!(2)悪評の黒木を一方的に嫌悪

 ドラマ関係者はこう話す。

「もともと性格的には水と油で、撮影が終わったあとに御飯を食べに行ったりすることも当然ありません。どうも撮影前から三田さんの耳に、黒木さんの現場での悪評が耳に入ってきて、一方的に毛嫌いするようになったようなんです」

 確かにこれまで黒木といえば、共演者との遺恨が多い女優としても知られてきた。03年のドラマ「GOOD LUCK!!」(TBS系)では、柴咲コウ(35)とバチバチだった。

「お互い強気なタイプなので、ぶつかり合ってばかり。柴咲の態度に業を煮やした黒木は、『あの子を降ろして!』とスタッフに申し入れるほどイライラしていた。同年にはドラマ『愛するために愛されたい』(TBS系)で坂口憲二(41)と共演。視聴率が超低空飛行を続けて打ち切りになると、プライドを傷つけられたのか、その怒りは坂口に向かい、よほどのことがないかぎり再共演はないそうです」(ベテラン芸能記者)

 大女優のオーラに現場スタッフも萎縮してしまうことがあるようだ。

「昨年に放送されたドラマ『そして、誰もいなくなった』(日テレ系)には母親役で出演し、設定は55歳だったんです。にもかかわらず黒木さんの若作りがすごかった。現場から『不自然すぎるよ』という声が多く出ていたのですが、怖くて誰も注意できませんでした」(制作スタッフ)

 黒木が初めて映画監督を務めた「嫌な女」(16年、松竹)でも、イベントのたびに楽屋にシャンパンを用意させるなど、権勢を見せつけてやりたい放題だったという。

 これだけ悪評が付きまとうと、好発進の「過保護──」も先が思いやられる。

「さすがに今のところは、年配の三田さんに気を遣っているのか、派手な行動はしておらず、周囲は胸をなで下ろしています。早めに仕事が終わったあとには、都内のシャンパンバーで飲んで、ため込んだストレスを発散しているようです」(前出・ドラマ関係者)

 とはいえ、現場で周囲を威嚇する大女優の姿は相変わらずのようだ。

「制作会社のスタッフにはまったく挨拶をしませんが、プロデューサーなど日テレの社員には挨拶するんですよね‥‥」(日テレ関係者)

 一方の三田も、過去には遅刻してあの加賀まりこ(73)を待たせても平然としていたと言われる、大物の貫禄は今でも健在で、現場にはピリピリムードが漂っているというが、

「三田さんが直接、スタッフに注文をつけてくるわけではないのですが、事務所の関係者が出演時間や楽屋の部屋割りなどを細かく気にしているようで‥‥。日テレの連ドラには2000年に単発スペシャルが放送された『外科医 有森冴子』シリーズ以来の出演なので、局側も三田さんの意向をなるべく配慮しています。しかも、黒木さんにも失礼がないようにと苦慮しているんです」(前出・ドラマ関係者)

 そしてバトルの行方は、さらなる「場外乱闘」の様相を呈してきた。「過保護──」というドラマのタイトルゆえ、過去のスキャンダルまでが想起されて、独り歩きしているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!