芸能

2017上半期「CM女王23人」の“艶”通信簿(3)破局を経験して態度が変わった武井咲

「洋服の青山」など8本のCMをゲットしたのは武井咲(23)。事務所の先輩女優・米倉涼子(41)の出世作で、松本清張原作のドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)に主演しているが、実は最近まで、業界内での評判は決してよいものではなかった。

「武井は気が強く、ドラマ現場でも女王様気質だった。何を言われても『私は社長のオキニだから』と平気で流すような性格だったと聞きます」(三杉氏)

 武井の“改心”のきっかけは、度重なるEXILEのTAKAHIRO(32)との熱愛報道だった。いくら注意されても密会をやめない武井に、事務所の堪忍袋の緒が切れたのだ。

「もともと武井の事務所は25歳まで“恋愛禁止”。これは契約時の書類にも明記されていること。かなりキツくお灸を据えられたようで、それ以降、ドラマ現場などでも対応がよくなったそうです。破局を経験したことで演技にも艶が出たと言われ、『黒革』で演じる和装の悪女も色気たっぷりです」(前出・三杉氏)

 逆にプライベートの充実が仕事に好影響を与えているのが、「東京メトロ」のCMでアラサーのフェロモンをまき散らす石原さとみ(30)だ。交際中の山下智久(32)との「9月結婚説」が一部で報じられたが、

「人気下降気味の山下を再び売り出したい事務所が、主演ドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ系)がスタートするタイミングで意図的に流した“話題作り”の線が濃厚です」(スポーツ紙デスク)

 あのエロい唇に焦がれるオヤジには超朗報!

 昨今のCMには企業のHPで公開されるメイキング映像や“WEBバージョン”が付き物。桐谷美玲(27)のファンにおすすめしたいのが「極ZERO」(サッポロビール)のネット限定動画だ。

「サッポロが奨励する、商品のおいしい飲み方“極キン”の手順を公開した動画なのですが妙にエロい。少し汗ばんだ桐谷が、『ゴッキン、ゴッキン、ゴッキン、ゴッキン‥‥』と舌っ足らずで商品名をリピートしたり、『‥‥すごっ☆』『キンキンになってきたぁ☆』と、どことなくヒワイなセリフを甘え声で連発するんです。制作側のマニアックな意図が透けて見える映像です」(芸能記者)

 視聴者の股間を“ギンギン”にさせる桐谷の好演に大きな花マルをつけたい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」