芸能

2017年上半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(5)長谷川豊が通すすごい理屈

 長谷川豊がまた‥‥。

 「今まで僕はフジテレビを守ってきたんですけど、今回のこの騒動で、僕のコメントを聞かないで一方的な放送をして、あれは放送法違反なので、僕が議員になったらフジテレビを潰します」みたいな(笑)。

 「これは冗談ではありません」って。

 これも松居一代枠。グループ分けするとしたらそっちだよ。

 でも当選したりするからさ。それが怖い。

 ここまでエグい発言し続けてる人が、当選なんてありうる?

 いや、当選したほうがおもしれえ。

 維新の会に関しても、この件ばかりはちょっと正気を疑いましたけどね、ホントに。

 「過去に振り返っていって、私はそれを言ってない。新しい提案はこれです」と言って、過去を振り返ろうともしない。新しく生まれた人は、その発言を本当に言ったんだという記憶もないし、新しく更新されてるものを信用していくから、こういうことになる。

 「透析患者を殺せとは言ってない」って、真顔で言ってますからね。

 でも、その発言ってもともとネット上でしたものだから、どうしたって記録は残っちゃってるわけじゃん。例えば、昔の週刊誌で言った、とかに比べると、誰にでも掘り起こしやすいわけじゃないですか。

 そうなんです。なのに、言ってないし、言ったといっている人間を訴えますよということを平気でやろうとしてる。そのたびに僕はツイッターで動画を貼る。「言ってますよー」って。

 あの動画を長谷川豊が見ないわけないんだけど。

 ステージ、上がってるなあ。発言というのは、撤回したら、なかったことにできるんだな。

 謝罪したんだからナシですよ、という理屈。

 すごいな。その理屈が通るんだったら、「いや、ホロコースト、前にもう謝ったんで、なかったことでお願いしまーす」みたいな。

一同 ハハハハ。

 そんな感じですね(笑)。

 そう考えたらすげえな、豊は。

 俺らが「バラいろダンディ」で「ガセ川豊」「ガセの極み豊。」とかってやってたの、ホントは怒ってたのかな?

 怒ってるよ。シャレなんか通じないよ。

 よかれと思って「これでいきましょうよ!」とかプッシュしてたけど、全然ダメだったんだ。

 だって目が笑ってなかったもん、あの時。

 「とくダネ!」に出演してた頃からデーブ・スペクターが、すでに問題にしてたんだって。長谷川豊はホントにヤバイって。

 若林健治アナが男子生徒へセクハラ。

 この事件、最高でしたね。週刊誌に直撃された時の若林アナの顔もすごいんですよ。

 覚醒剤で捕まったマーシーがハゲ散らかして出てきた時以来の衝撃だったよ。若林アナ、四谷でやってるんだよな、アナウンス学院。あの学校、外から見えるんだよ。あの周り、いつも抜け道で通るんだけど、外からも中が見えるような学校だったからさ。ガラス張りで。

 透明性はある(笑)。

 生徒を自宅に呼んでは、股間に電マを当てたり、何種類ものローションを見せられたり、いろんなことを。

 電マを当てるって、どういうこと?

 「ジャストミート」してたわけだ。

 「何でお前は童貞なんだ?」「男好きなのか?」などとノリノリで話しかけられ、ボディタッチ。

 馬場イズムか、王道ってヤツだな。

 「立ってないですよ」と答えると、「いやいや、うそ、うそ」と。

玉・宇 ハハハハハハハハ。

 ジャイアントサービス。

 「お風呂に一緒に入ろうか?」と誘ったり。

 だからか、福澤さんに若林さんの話を振ったりすると、福澤さんの顔が曇ってたんだよ。

 ずっと週刊プロレスの読者投稿ページで独身いじりされてたんですよ。今考えると、いじったらいけない枠だったんだなと。

 いや、まあゲイが悪いわけじゃないけども。

 強制的に触るのはよくないということじゃないですか。ちなみに、若林アナは記者に直撃された時に、「ボディタッチはしますよ。『頑張れよー』と言いながら」と言って、お尻を叩くしぐさを。「何だ今日、モッコリしてるな」と言いながら股間を転がすようなしぐさをね。

 ダメじゃない、それは。

 「そのくらいはありますよ、男同士ですから」って(笑)。

 嫌だよ。俺、そんな学校、辞めるよ。

 「モッコリしてんなあ~」が好きなんですよ(笑)。

 語るに落ちてる!

 言わなきゃいいのに。

 そのものズバリ、描写してるじゃないですか。

 つい実況しちゃう。

 もはやカミングアウトしたほうがいいと思うけどね。そのほうが早くない?

 そうしたら、学生の中にだって別にそういうとこで合う人だっているだろうしね。

 「名物の先生に触られちゃったよ」なんて、それがシャレになってりゃいいけどな。大賞をそろそろ決めるか。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?