芸能

2017年上半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(5)長谷川豊が通すすごい理屈

 長谷川豊がまた‥‥。

 「今まで僕はフジテレビを守ってきたんですけど、今回のこの騒動で、僕のコメントを聞かないで一方的な放送をして、あれは放送法違反なので、僕が議員になったらフジテレビを潰します」みたいな(笑)。

 「これは冗談ではありません」って。

 これも松居一代枠。グループ分けするとしたらそっちだよ。

 でも当選したりするからさ。それが怖い。

 ここまでエグい発言し続けてる人が、当選なんてありうる?

 いや、当選したほうがおもしれえ。

 維新の会に関しても、この件ばかりはちょっと正気を疑いましたけどね、ホントに。

 「過去に振り返っていって、私はそれを言ってない。新しい提案はこれです」と言って、過去を振り返ろうともしない。新しく生まれた人は、その発言を本当に言ったんだという記憶もないし、新しく更新されてるものを信用していくから、こういうことになる。

 「透析患者を殺せとは言ってない」って、真顔で言ってますからね。

 でも、その発言ってもともとネット上でしたものだから、どうしたって記録は残っちゃってるわけじゃん。例えば、昔の週刊誌で言った、とかに比べると、誰にでも掘り起こしやすいわけじゃないですか。

 そうなんです。なのに、言ってないし、言ったといっている人間を訴えますよということを平気でやろうとしてる。そのたびに僕はツイッターで動画を貼る。「言ってますよー」って。

 あの動画を長谷川豊が見ないわけないんだけど。

 ステージ、上がってるなあ。発言というのは、撤回したら、なかったことにできるんだな。

 謝罪したんだからナシですよ、という理屈。

 すごいな。その理屈が通るんだったら、「いや、ホロコースト、前にもう謝ったんで、なかったことでお願いしまーす」みたいな。

一同 ハハハハ。

 そんな感じですね(笑)。

 そう考えたらすげえな、豊は。

 俺らが「バラいろダンディ」で「ガセ川豊」「ガセの極み豊。」とかってやってたの、ホントは怒ってたのかな?

 怒ってるよ。シャレなんか通じないよ。

 よかれと思って「これでいきましょうよ!」とかプッシュしてたけど、全然ダメだったんだ。

 だって目が笑ってなかったもん、あの時。

 「とくダネ!」に出演してた頃からデーブ・スペクターが、すでに問題にしてたんだって。長谷川豊はホントにヤバイって。

 若林健治アナが男子生徒へセクハラ。

 この事件、最高でしたね。週刊誌に直撃された時の若林アナの顔もすごいんですよ。

 覚醒剤で捕まったマーシーがハゲ散らかして出てきた時以来の衝撃だったよ。若林アナ、四谷でやってるんだよな、アナウンス学院。あの学校、外から見えるんだよ。あの周り、いつも抜け道で通るんだけど、外からも中が見えるような学校だったからさ。ガラス張りで。

 透明性はある(笑)。

 生徒を自宅に呼んでは、股間に電マを当てたり、何種類ものローションを見せられたり、いろんなことを。

 電マを当てるって、どういうこと?

 「ジャストミート」してたわけだ。

 「何でお前は童貞なんだ?」「男好きなのか?」などとノリノリで話しかけられ、ボディタッチ。

 馬場イズムか、王道ってヤツだな。

 「立ってないですよ」と答えると、「いやいや、うそ、うそ」と。

玉・宇 ハハハハハハハハ。

 ジャイアントサービス。

 「お風呂に一緒に入ろうか?」と誘ったり。

 だからか、福澤さんに若林さんの話を振ったりすると、福澤さんの顔が曇ってたんだよ。

 ずっと週刊プロレスの読者投稿ページで独身いじりされてたんですよ。今考えると、いじったらいけない枠だったんだなと。

 いや、まあゲイが悪いわけじゃないけども。

 強制的に触るのはよくないということじゃないですか。ちなみに、若林アナは記者に直撃された時に、「ボディタッチはしますよ。『頑張れよー』と言いながら」と言って、お尻を叩くしぐさを。「何だ今日、モッコリしてるな」と言いながら股間を転がすようなしぐさをね。

 ダメじゃない、それは。

 「そのくらいはありますよ、男同士ですから」って(笑)。

 嫌だよ。俺、そんな学校、辞めるよ。

 「モッコリしてんなあ~」が好きなんですよ(笑)。

 語るに落ちてる!

 言わなきゃいいのに。

 そのものズバリ、描写してるじゃないですか。

 つい実況しちゃう。

 もはやカミングアウトしたほうがいいと思うけどね。そのほうが早くない?

 そうしたら、学生の中にだって別にそういうとこで合う人だっているだろうしね。

 「名物の先生に触られちゃったよ」なんて、それがシャレになってりゃいいけどな。大賞をそろそろ決めるか。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
磯山さやか“ダイエット成功”で気になるバストのサイズ
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
5
高岡早紀が「毛まで見える」接写フォトを公開!きらめく肌にタメ息