スポーツ

夏の甲子園に2回出場して2回とも延長戦で敗戦した悲運のチーム

 大会3日目の第1試合は石川県代表の日本航空石川が千葉県代表の木更津総合に5‐6で勝利し、2回戦進出を決めた一戦だった。7回を終わって1‐5とリードされていたが、8回表に1点を返し、土壇場の9回表には6本のヒットを集中させて6‐5と鮮やかな逆転劇。その裏に2アウトから連打されて一打同点⇒逆転サヨナラ負けというピンチを迎えたものの、最後のバッターを三振にしとめ、負け試合から一転、勝利をもぎ取ったのだ。日本航空石川ナインも延長戦を覚悟したであろうことは想像にかたくないが、09年第91回大会以来の2度目の出場でみごとに夏の甲子園2勝目をマークしたのだった。

 石川県といえば、星稜や金沢、そして最近では遊学館が甲子園常連校というイメージが強いが、この3校はすべて私立。そんな私学3強が甲子園出場を競い合うようになった近年の石川県にあって、2度の夏の甲子園出場を果たした公立校がある。小松高校である。そしてこの小松高校、“夏の甲子園に2回出場して2回とも延長戦で敗戦”という何とも悔しい思いをしている高校なのだ。

 初出場した86年第68回大会では初戦で四国の強豪・高知商と対戦し、戦前は高知商の一方的な試合展開が予想されたものの、本番では終盤まで0‐0と緊迫した展開に持ち込む大健闘ぶり。それでも8回表に2点の先制を許したものの、その裏にすかさず追いついて延長戦に持ち込むという互角の試合を演じた。結果的には11回表に2点を勝ち越され、その裏に1点を返すも3‐4で惜敗し、待望の甲子園初勝利は次回へと持ち越しになったのだった。

 それから13年後の99年第81回大会に2度目の出場を果たした小松は初戦で隣県の新湊(富山)と初戦で激突。この時は8回を終わって5‐0とリードし、甲子園初勝利が目の前にまで近づいていたが、なんと9回の表に守備の乱れから一挙5点を失い延長戦へ。そしてまたしても延長11回表に4点を勝ち越され、5‐9で無念の敗戦を喫したのである。

 この“出場した2回とも延長戦で敗戦”の悲運は、今なお熱烈な高校野球ファンに語り継がれている。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
3
田中みな実、“ワイヤー入りの胸用肌着を使用”でロケット胸強調が加速!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!