政治

若狭勝 小池方式で「二大政党制を目指す」(3)まだ政策課題を言えないのは…

── その手法はまさに小池百合子都知事が今年7月の都議選で繰り広げた戦術ですね。既存の候補者に頼らず、フレッシュな新人候補者を次々と擁立する「小池方式」こそ、「日本ファーストの会」の真骨頂と言えるのでは。政治塾「輝照塾」と小池都知事の「希望の塾」との連携はありますか。

 僕は「希望の塾」には関与していなくて、そこにどういった人がいるのかも、現時点ではまったくわかりません。「希望の塾」で国政に出たいという人がいたら、「輝照塾」に応募してもらうという形になります。「希望の塾」は「政治を学んでもらう」ことがコンセプトだと思うのですが、「輝照塾」はあくまでも国政選挙に向けて限定する塾となります。

── 「輝照塾」の応募状況はどうですか。

 8月14日の時点で400人程度ですね。最終的に書類と面接で200人ほどにしぼりますが、少なくとも応募は1000人を超える可能性があるので、応募してくれた人でも塾生になれない確率のほうが高くなります。

── 一方、政党設立を掲げつつも、具体的な政策が見えてこない、との指摘もあります。

 当然、具体的には考えていて、先々に発表しますけど、政策課題について僕がなかなか言いにくいのは、今、「日本ファーストの会」で塾生を募集する中、50個ぐらいの政策課題をチェックしてもらうアンケートを求めているからなんです。憲法、外交安保、財政経済、エネルギー問題、社会福祉問題など、政策課題はいろいろあるのですが、そういう理由で、まだ政策課題については言えないんですよ。

── 受講希望者に「答え」を知られてしまうということですか。

 そうです。今の政治において、政策課題で何をするかということは当然、大事ですけれど、僕はその政策課題を実現するための政治手法も非常に大事だと思っていて、この点を根本的に変えないといけない。「課題」と「手法」を分けたうえで考えているんです。

── 手法として「女性の活躍」も推進していますね。

 やはり女性(の議員)が増えないとダメですよ。少なくとも半分ぐらいにはしないといけない。自民党が「男の現職を差し替えて女性に」というのは現実的に難しいですから、実践できないと思います。しかし、ウチはそういう意味で現職がいるわけではないですから、そこに資質のある女性を出すことが可能になる。「女性の観点」は大事だと思うんですよ。去年の都知事選で僕が小池さんをどうして推したかというと、東京都知事を女性にしたかったからです。

── 小池都知事との信頼関係は非常に厚い。

 僕と小池さんの関わり合いは、去年の都知事選以前から始まっているんですけれど、もともと、僕と小池さんと野田聖子さんで毎週水曜日にランチミーティングをやっていたんです。それが始まったきっかけは、2年前の野田さんの総裁選。僕は事務局長をやっていて、推薦人を20人集めるために、深夜まで野田さんとホテルに閉じこもっていたんですが、その時に小池さんが推薦人になってくれた。その後、ランチミーティングで小池さんが「都知事選に出る」と言うので、今度は野田さんが小池さんを陰ながら支援する、と。そういう一連の流れがあるんですよ。同じところは「政治手法」。「古い都議会を新しく」という小池さんのキャッチフレーズがあるけど、あれも「政治手法」の問題。「しがらみ政治はダメ、利権政治はダメ」ということについて、もうほとんど小池さんとは共有しているんですよ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
4
キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?
5
乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮