芸能

「僕やり」の異色脇役・加藤諒はプライベートも「異色」だった!

 ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)に水前寺役で出演中の加藤諒。原作漫画に極めてイメージが近い彼は、“ハマリ役”と評判も上々だ。ツイッターでも「僕たちがやりましたの加藤諒は、めちゃくちゃハマリ役だと思う」といったコメントが見られる。

 ドラマで、加藤がいじめられっ子にけしかけられた葉山奨之演じるマルに、激しく殴られるシーンが放送されると、それを見た視聴者から「加藤諒くんをあんなにボコボコにするなんてほんと許せない。涙出てきたわ…」「弱い男の子を集団でぼこぼこにするところは見るに耐えない…加藤諒くんとかにあんなことしなくても…」「僕たちがやりました観てるけど、加藤諒くんが可哀そう」など、加藤を擁護するコメントがSNSで数多くあがった。

 そもそも“ウンコ”というドラマでの水前寺の呼び名自体がひどすぎる。しかし当の加藤は、そんなことはいっさい気にしておらず、むしろ“原作の大ファン”であるだけに「出演させて頂いて、すごく幸せです」と語っている。究極のバトルを繰り広げることに際しては、「撮影前に葉山奨之さんとお食事に行って“安全に本気でやりましょう”と約束した」とまで語っている。

「加藤は、10歳の時にバラエティ番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演。それ以来子役として『ガッコの先生』(TBS)、NHK朝ドラ『こころ』にも出演しました。最近では、昨年放送された『とと姉ちゃん』にも出ていましたね」(テレビ誌記者)

 意外にも芸歴が長い加藤。そんな彼のトレードマークは、何と言ってもあの“ゲジゲジ眉毛”だ。

「『あっぱれ──』に出演していた時から、あの太眉で“マンガ顔”と呼ばれ、かなり目立っていました。本人もそれを意識してか、それ以降あの眉毛をまったく変えていない。私生活もまたぶっ飛んでいて、夜な夜なホラー映画を観賞しながら、大好きなきゃりーぱみゅぱみゅの曲で踊っているそうです」(前出・テレビ誌記者)

 最近は忙しくなり、きゃりーのダンスを踊る時間もなさそうだが、そんな、加藤諒の異色ぶりが、どのように進化していくのか温かく見守っていきたいものだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察