社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(2) 直撃取材にも鉄面皮を貫く

 東京電力の事故当時の会長、勝俣恒久(72)。都内の高級住宅街の中でもひときわ目立つ、高い塀の要塞のような一軒家が、勝俣の自宅である。会長を退任するまでは、ポリボックスが設置され、警官が常駐していた。今も15~30分の間隔で、警官の巡回がある。

 今年7月、スタッフが張り込んでいると、勝俣が現れた。一緒にいるのは、キックボードに乗った5歳くらいの男の子。その様子から勝俣の孫であることは、すぐにわかった。

 スタッフが声をかけると、勝俣は答えた。

「私はもう東電の人間ではないし、一線を退いたから関係ありませんよ」

 勝俣らしい居直りだ。会長退任後は、日本原子力発電株式会社の社外取締役へと天下りしている。いまだれっきとした関係者なのに‥‥。

 同書には余すところなく書かれているが、福島原発事故に、勝俣は直接の責任がある。

 勝俣が社長だった07年7月、新潟県中越沖地震の発生で、柏崎刈羽原発で火災が発生。放射能を含む水漏れ、ダクトのずれ、ボルトが折れる、油漏れなどの事故が50カ所に上った。

 これを受けて「福島原発10基の耐震性の総点検などを求める申し入れ」が、日本共産党福島委員会、県議団、市民団体らから勝俣に提出されていた。

 そこには「福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取水ができなくなることが、すでに明らかになっている」と、はっきりと指摘されていた。

 また、アメリカの原子力安全委員会は、福島原発1~5号機と同じGE社の「マーク1」型でシミュレーションを行った。停電した場合、5時間で燃料が露出。5時間半で水素爆発。6時間でメルトダウン開始。8時間半で格納容器損壊という結果が出ていた。

 もちろん東電はこの結果を知りながら、福島原発事故後、「想定外」という言葉を繰り返した。

 シミュレーション結果を知っていて、何の対策も取らなかったのは、業務上の過失責任が問われてしかるべき「人災」である。

 東電を辞めようが何をしようが、勝俣には当時の社長としての責任は、一生問われるべきものだ。

 ところが、勝俣は一度も福島を訪れることなく、避難民に謝罪すらしていない。そして、孫と遊んでいたのだ。スタッフの問いかけにも、「政府に言って」「引退したんだから‥‥」と繰り返したのだった。

 福島県南相馬市に住む、70代の男性は憤る。

「私は寺の住職だから、ここにとどまるしかない。皆と協力して、街の復興のために頑張るつもりだ。ただ、放射能の子供への影響は心配だから、孫は母親と一緒に、親戚のいる宮崎に疎開させている。1年間で会えたのは、1度きりですよ。孫を遊ばせるのが悪いとは言わないが、福島に来て除染の手伝いでもしたらどうなのか。私と勝俣は同じ年代だ。さまざまな経験をしてきた私らが、復興のために頑張るしかない、と思っている。勝俣が隠居していることには、怒りを通り越して、情けない気持ちになる。これが、戦後の荒波を乗り切ってきた同じ日本人なのか」

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え