社会

斉藤由貴は「言葉選び」で失敗!?不貞会見に学ぶ「禁句変換マニュアル」

「気の利いたことを言ったほうがいいのかなと考えるのですが。何と答えていいのかわからない」と、8月3日の不貞会見で答えた斉藤由貴。一方で、昨年6月に同じ不貞会見を行った三遊亭円楽は「今回の騒動とかけまして、東京湾を出ていった船と解きます。(その心は)コウカイの真っ最中です」と謎かけをして記者陣から拍手と爆笑をさらった。

「噺のプロ」と比較されたら可哀想かもしれないが、斉藤由貴がフルボッコに遭っているのは、「言葉のチョイス」のマズさがあったのではないだろうか。

「コミュニケーションにおいて最も重要なのは言葉。言葉の選択は人間関係を築く上で欠かせないスキルなのです」(ビジネスマナー講師)

 同じことを謝罪するのでも、言葉選びひとつで運命が変わってしまうのかも知れない?

「仕事など深い付き合いをするわけではない相手だと、特に人格の判断材料が少ないわけですから、言葉の選び方で他人に与える印象は変わってきますね」(前出・ビジネスマナー講師)

「部長、ココ間違ってますよ?」と、よかれと思って言ったのに、「じゃあ、お前が直しておけよ!」と逆ギレ気味に怒られたという理不尽な経験はないだろうか? しかし、これはアナタが悪い。単刀直入すぎて「生意気」「気遣いができていない」と評価を下げてしまったわけだ。

 このようなミスをしないよう、いくつかの用例をご紹介しよう。

・勝手に決めていいですよ⇒信頼してますので、全面的におまかせします

・(窓際族の先輩に)ちゃんと仕事してください⇒この仕事は◯◯さんがいたから引き受けたんです

・◯◯を直してください⇒◯◯さえ直れば、もっとよくなると思います!

 モノを頼む時は、相手を上げつつ、が鉄則。

・私は気に入りません⇒ある意味、いいですね

 批判する時は、マイナスイメージのある言葉をプラスに変換するのがベター。

・そろそろ帰らせてください⇒学ぶことが多すぎて。おいおい教えてください

・できません⇒前向きに検討したいのですが、今回はご遠慮します

 断る時は、後ろ髪を引かれている気持ちを入れ込もう。

・やったけどできませんでした⇒私の力が及びませんでした

・忙しくてできませんでした⇒言い訳はできません。申し訳ありませんでした

 謝る時は、事実を伝えるだけでなく、最大限の努力をアピールして誠意を伝えよう。

 どうしてもひと言モノ申したい。けどズバリ言っては角が立つ。そんな時に使える「言い換え力」を養って、ストレスフリーなリーマンライフを!

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!