スポーツ

セ・リーグ4球団「CS争奪」ベンチ裏バトル(2)DeNA・ラミレス監督は「Gアレルギー」が裏目に…

 さて、そんな3位争いのライバル・巨人を見下しておきたいDeNAにしても余裕など少しもない。巨人に対して過剰な意識を持つラミレス監督(42)の「Gアレルギー」が完全な裏目に出てしまっているからだ。

 9月2日の直接対決で巨人戦7連敗を喫し、今季通算でも負け越しが確定。この日の試合後、ラミレス監督は「まだ我々はAクラスのチーム。切り替えて準備したい」と冷静さを装っていたが、記者団の囲みが終わると一変した。

「監督室に入ったとたん、室内から壁をバンバン叩く音が鳴り響き、何やらスペイン語で叫ぶ声も外に聞こえてきた。巨人に負けたことが相当、悔しかったのでしょう」(チーム関係者)

 ラミレス監督が、かつて巨人でチームメートだった高橋監督をライバル視しているのは両指揮官を知る関係者の間では知られたエピソードである。

「もともとラミレスは巨人の監督をやりたかったが、自分より1つ年下の由伸に先を越されたとジェラシーを覚えている。就任1年目の昨季から『ヤツが率いるジャイアンツにだけは負けたくない』と前のめりになっていた。昨季のCSでも、敵地で巨人を粉砕したあと、ロッカールームの記者には見えない場所で狂喜乱舞していました」(前出・チーム関係者)

 だが、そうした私的な感情は選手たちに伝わってしまうものだ。今季中盤あたりから一部主力たちの間から「敵は巨人だけではないのに監督は過剰なまでに“G”を意識しすぎじゃないのか」との声が広まり始めていたという。

「そういうチーム内のおかしな雲行きをシーズン終盤あたりでラミレス監督は察知し、『必ず2位を奪える』『タイガースを倒さなければいけない』などと声高に発言するようになった。そして9月になって、あのドッチラケなスローガン発表につながったのです」(前出・チーム関係者)

 9月1日、シーズン終盤としては異例の新スローガン「OUR TIME IS N.O.W.」が発表された。「全てはこの時のために」「このチャンスを逃すな」などという意味が込められており、CS出場へ向けてチーム全体を鼓舞しようとラミレス監督みずからが発案したものだ。しかしながらチーム内の反応は意外に冷めていて、「この時期に発表する意味がわからない」「新スローガン関連のグッズを売りたい球団側に乗せられただけじゃないか」などと首をかしげる選手も複数いたという。しかも、この日から始まった大事な巨人戦であっけなく2連敗し、「新スローガン発表はタイミングが悪いだけでなく、完全に逆効果だった」とブーイングが出たのも無理はない。

 ここにきて球団内では「Bクラス転落ならラミレス監督の去就問題につながる可能性がある」との不穏情報も急浮上している。巨人との3位争いは、ラミレス監督と高橋監督がお互いの「首」をかけた決死の戦いとなりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々