女子アナ

味わったのか?田中みな実「おいしい胸」公開であのチャラ男に嫉妬集中!

「まさか、これほど豊かな胸の持ち主だとは想像もしませんでした。パッと見の衝撃は高岡早紀の初写真集クラス。華奢なカラダにこんな“得物”を隠し持っていたのかと驚きました。真っ白なモチ肌を見る限り、胸の先端の色素も薄くてキレイそう。この上モノをあの“チャラ男”が味わっていたのかと想像すると、思わず嫉妬してしまいますね」

 フリーアナウンサーの田中みな実が、9月13日発売の女性誌「an・an」と9月10日発売の「美人百花」で立て続けにグラビア公開した肉体美は、ベテランのグラビア編集者をも、こう唸らせた。

 “チャラ男”というのはもちろん、2015年10月まで田中と交際していたお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾のこと。番組共演をきっかけに3年半交際して、藤森の方から別れを切り出している。こんなミラクルボディを散々堪能しておきながら、あっけなく手放すとはと贅沢な男! そう嫉みたくもなるが、実はこのみずみずしいバストは今年になってから作り上げたものだという。

「記事の中で、3カ月前から週に2回、パーソナルトレーニングを受けていることを明かしています。臀部を上げる『ヒップスラスト』など、かなり本格的に鍛えていたようです。現在は身長153cmで体重38~39kg、体脂肪も10%台をキープしているとか。確かにお椀形の豊かな胸に対してウエストはギュンとクビレており、田中は『男の子が引き寄せたくなる体は、バキバキの腹筋よりも、キュッと締まったウエストと柔らかそうな腰まわりだと思う』と意味深に語っている。つまり、このカラダは藤森のお下がりのイメージを払拭して、新しい出会いのために準備したものでは?」(前出・グラビア編集者)

 実際、SNSには「普段着とのギャップがたまらない」「思わず触りたくなった」「そこらのグラドルよりよっぽどスゴい」「次は動画でお願いします」などと早くもKOされる声が続出。「an・an」のサブタイトルには「おいしい胸のつくり方」とあるが、書店に走る男たちにとっては“おいしいオカズ”にもなっているようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」