社会

入浴は疲労を倍増させるってホント?

 休みには温泉にゆっくり入って疲れをとりたい。多くの人が望んでいることだが、これが実は体に悪いという。

 新刊「なぜあなたの疲れはとれないのか? -最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36-」(梶本修身著・ダイヤモンド社)が話題になっている。著者の梶本修身氏は大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授で、以前から“疲労”に関する多くの書を著している疲労医学の第一人者だ。

 梶本教授によれば、私たちが常日頃、疲労回復に良かれと思って行っている方法が間違いだらけで、そのために疲れているのだという。

 その代表格が入浴、それも特に温泉浴なのだという。これからが行楽のシーズン。温泉を予定している人は多いだろう。しかしこれが間違いなのだというから気になるではないか。梶本教授はこんなふうに論を展開している。

〈熱い風呂(43度以上)に肩までゆっくり入ることで体内では、体温、心拍、血圧などが大きく変化し、調整する自律神経に過大な負担がかかる。その結果、活性酸素が大量発生し、細胞が酸化し、疲労が起こり体をさらにボロボロにしてしまう〉

 他の実験では、入浴後の血液中に現われる疲労の目安である「疲労因子」を測定したら数値は上昇していたという。

〈温泉に行って熱いお風呂に何回も入ることは自律神経の自主トレをやっているのと同じ。疲れを癒やす効果はまったくないうえ自律神経は鍛える意味もない。熱い温泉に何度も入りよく眠れた、というのは、疲れがとれたからではなくて、より疲れて寝込んでしまったから〉(梶本教授)

 梶本教授の説によれば、温泉浴はひどい言われようだが、東洋医学を研究している三上藤雄整体師もこう言う。

「温泉で体調を悪くすることが多いのは湯あたりということもありますが、体温以上の湯に長く入ることにもあります。体温以上の湯に入ると、最初湯が熱く感じる。それが少し時間がたつと身体がお湯の熱を奪うので適温に感じてくる。さらに時間がたつと、ぬるく感じてくる。それは、皮膚が“開いて”身体の熱が奪われるためなんです。そうなると体の機能は低下してくる。そして体質が東洋医学でいう『虚』である人は、風呂に入るとその疲労はさらに大きくなります。現代は虚の人が増えている。体を使わない頭脳労働が多くなったからだと思う。熱い湯での長湯は厳禁です」

 ただし入浴が悪いとわけではない。梶本教授によれば、正しい入浴方法をすれば疲労回復が期待できるという。

〈40℃ぐらいのお湯に半身浴でつかること。これで血行がよくなるし、体温調節のためのエネルギー消費も少ない〉

 正しく入浴するのも意外と難しい!?

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
有働由美子、NY住居の家賃は70万円!?明かしていたNHK時代の駐在生活とは