芸能

爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた

 8月4日から公開されている映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。

 同名の人気マンガの初の実写化となる同作は、監督を三池崇史が務め、山崎賢人、山田孝之、伊勢谷友介、岡田将生ら旬のキャストが多数出演。公開前は、今夏最大級の話題作となっており、原作者の荒木飛呂彦氏も「予想以上」と太鼓判を押してはいた。ところが、フタを開けてみれば全国週末興行収入ランキングでは、公開から2週目で10位圏外。9月19日発表のランキングでは25位内からも姿を消している。

 この作品、タイトルからわかる通り、当初から2作目の製作も見据えていただけに、関係者は頭を抱えているという。

 実際、公開前から実写版「ジョジョ」だがネットでの評価は散々なものだった。

 映画サイトのレビュー欄では試写会を見たレビュアーによる低評価で埋め尽くされていた。

 そんな同作について関係者はどう見込んでいたのか。

「ネットでの酷評は想定内だった。というのも、原作は多くの熱狂的なファンを持つマンガなので、実写化した際に『イメージと違う』と反発が生じる事は企画段階から予想できていました。今回の映画化にあたって、荒木先生に『そっくりそのまま原作に合わせるのではなく、映画オリジナルの表現を追求したい』と伝えてオーケーをもらったという経緯もあったんです。製作側としてはネットの酷評によって、“怖いもの見たさ”で劇場に足を運んでくれる原作ファンのお客さんを見込んでいた。『原作とは違うけど映画として面白い』と思わせたら大成功です」

“怖いもの見たさ”による大ヒット、というもくろみは少々甘すぎたようだ。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談