スポーツ

井口引退セレモニーに集結「ホークス・ダイハード打線」の追憶!

 9月24日、今季限りでの引退を表明している千葉ロッテマリーンズ・井口資仁がZOZOマリンスタジアムで行われた引退試合で、9回に劇的な同点ホームランを放ち、これ以上ない有終の美を飾った。

 試合は延長12回裏に鈴木大地のサヨナラタイムリーヒットで勝利、井口の引退に華を添えた。

 試合後の引退セレモニーでは、ロッテで二遊間を組んだことのある阪神・西岡剛や、自主トレを共に行ってきた阪神・鳥谷敬ほか、ダイエーホークス時代の監督・王貞治氏、チームメイトの城島健司氏、川崎宗則のVTRコメントがバックスクリーンに映し出され、現地には柴原洋氏、小久保裕紀氏、斉藤和巳氏が足を運び、花束を手渡した。

 井口自身も中軸を務めた、泣く子も黙る「ダイハード打線」のそろい踏みに、思わず全国の野球ファンも胸をアツくさせたことだろう。

 2003年、プロ野球史上最高チーム打率.297を誇った「ダイハード打線」は、1番・村松有人/2番・川崎宗則/3番・井口資仁/4番・松中信彦/5番・城島健司/6番・バルデス/7番・ズレータ/8番・柴原洋/9番・鳥越裕介という打線。スタメンのうち村松、井口、松中、城島、バルデス、柴原が打率3割を超え、3番~6番の100打点カルテットが稼いだ打点は455点。規定未満は途中入団のズレータと鳥越だけだが、ズレータは左殺しの大道との併用、鳥越は守備のスペシャリストとしてのレギュラーだったのだから、もはやスキなし。

 ちなみに投手陣も20勝した斉藤和巳を始め、和田毅、杉内俊哉の3人が2ケタ勝利。最強打線に最強投手陣は日本一も当然だ。

 当時、パ・リーグ球団のエース投手を務めたあるOBはこう振り返る。

「ホームランを打ちまくる主軸、足を使ってくる出塁率の高い選手がそろっていて、1番から9番まで気を抜けるところがない。ツーアウトからあっという間に失点してしまう。それで二巡目、三巡目にはやられるんです。ダイエー戦は本当に疲れました(笑)」

 同年、セ・リーグでは阪神タイガースの「第三次ダイナマイト」が火を吹いた。今岡誠・赤星憲広の1、2番に金本知憲、桧山進次郎、アリアスのクリーンナップ。濱中治・片岡篤・アリアスの「平成の三連発」も印象深い。

 2001年の大阪近鉄バファローズ「代打逆転サヨナラ満塁お釣りなし優勝決定ホームラン」イヤーの「いてまえ打線」も振り返っておきたい。

 55本塁打のローズに132打点の中村紀洋を筆頭に礒部公一、吉岡雄二も円熟期に入り、川口憲史や先の優勝決定ホームランを放った北川敏弘が指名打者、代打の切り札として控える、チーム防御率最下位の4.98をカバーした「奇跡の打線」。

 当時は「やられた!」と怒りに震えた対戦球団のファンも、時の流れとともによき思い出となるのがプロ野球の魅力。間もなく今シーズンも全日程が修了する。史上最速優勝のソフトバンクホークス打線も、リーグダントツの赤ヘル打線も、10年もすれば全野球ファンにとっての共有の財産になることだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!