スポーツ

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(2)鶴岡監督がほめたのは二度

 新著では、野村氏がプロ入りした当時に「三大監督」と称されていた鶴岡一人、三原脩、水原茂の各氏についても頁が割かれている。中でも、自身が15年にわたって仕えた鶴岡氏とのエピソードは興味深い内容となっている。

 私は、こと野球に関して、鶴岡監督から学んだという意識はまったくないんです。鶴岡監督の野球は軍隊式の精神野球そのものでした。リードについて疑問をぶつけても「自分で勉強せい!」という答えが返ってくるだけ。直球を要求して打たれれば「何でまっすぐなんか投げさせたんや!」、カーブで打たれても「あそこで何でカーブを投げさせたんや」とどなられる。理由については一切、言及しない。正直、「どこが名監督なんだ」と思ったものです。

 ほめられた記憶もほとんどありません。1965年に三冠王を獲った時でさえ。「何が三冠王や。ちゃんちゃらおかしいわい!」とケナされました。

 ほめられたのは、たった二度だけ。それだけに感激もひとしおでした。一度目は、プロ入り3年目にブルペン捕手として帯同したハワイキャンプで結果を出した時。帰国後の記者会見で鶴岡監督がこう言った。

「キャンプは失敗だったが、野村に使えるメドが立ったのが唯一の収穫だ」

 二度目はレギュラーをつかみかけた頃。大阪球場の通路ですれ違いざまに「お前、ようなったな」という言葉をかけられたんです。この二つの言葉がなかったら、私はこれほど長くプロ野球の世界で生きていくことはできなかったかもしれません。

 それはともかく、こういうタイプの監督の下で捕手を務めるのは大変です。レギュラーをつかんだ直後、サインを出すのが怖くなりました。サインを出そうにも指が動かない。野球というドラマの脚本を書いているのはサインを出している俺じゃないか、捕手は監督以上のことをやっているんじゃないかと気づくと、ますます怖くなる。自信をなくして捕手をやめようとさえ思いました。外野手にはそういうことはないでしょうね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!