芸能

乃木坂46齋藤飛鳥、「結婚に後ろ向き」発言にファンが歓喜!

 永遠に推せる! ファンもその発言に安堵したようだ。

 9月24日放送の乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、人気メンバーたちが結婚についてマイナスイメージを持っていたことが明らかとなった。番組では「乃木坂46未来予想図 将来こうなってそう(総)選挙2017」と題し、メンバー全員に無記名アンケート調査を行い、その結果を基に「将来お金に困りそうなメンバー」「将来ダメな男に捕まりそうメンバー」といった様々な項目のランキングを発表。すると「将来ずっと独身でいそう選挙」では、昨夏リリースの15thシングル「裸足でSummer」でセンターを務め、現在人気急上昇中の齋藤飛鳥が3位にランクイン。

 齋藤に投票したメンバーからは「結婚する想像がつかない」「型にハマる事を嫌いそう」という意見が寄せられたが、当の齋藤は、「籍を入れることによってメリットがあるんだったら…」「単純に愛を育んでゴールインの形が結婚というのは私の中ではなくて、何かの利益のために結婚するのは理解できる」と、少々夢のない持論を展開した。

 さらに、「人とずっと一緒にいるのが無理」という、「独身貴族の王道」的発言も飛び出し、結婚にポジティブなイメージを持っていないことが判明。そんな齋藤にファンからは「あしゅはみんなの嫁ってことで決定だな」「これで飛鳥を永遠に推せるな」「あしゅ、信じてるよ」といった歓喜の声が上がっている。

「乃木坂の顔であり現在25歳の白石麻衣は、以前この番組で結婚観を『自分の親が27ぐらいで結婚したので、それぐらい』と発言しているように、いつ結婚してもおかしくないメンバーもいます。逆に『この子は絶対安全』とファンが共通認識を持っていた清楚なお嬢様である生田絵梨花が、出演舞台でイケメン俳優とキスシーンを演じたりと、メンバーたちが“大人になっていく”ことに、誰なら安心と決めつけられない状況になっていました。そんな中で、齋藤の一連の発言には“ガチ恋”と呼ばれる(メンバーに本気で恋をしている)ファンにとっては朗報となったようですね」(アイドル誌ライター)

 その他にも同ランキング2位で選抜常連の井上小百合も「私は結婚しない」と日頃から宣言していることが発覚。1位に輝いた2期生の期待の星・寺田蘭世からは「(自分が)変だから、この人間を拾えるもんなら拾ってみろって感じなんですよ」という謎の「上から目線」発言も飛び出した。

 本家のAKB総選挙で突然、結婚宣言をした元NMB48の須藤凜々花が世間を驚かせたように、アイドルである限り、結婚を心配するファンがいるのは当然のこと。そうしたファンにとって今回の齋藤らの発言は心底ホッとするものだったようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」