特集

北川景子、満島ひかり、最上もが…男たちが最も萌えた特撮ヒロインは誰?

Sponsored

 67年10月1日に「ウルトラセブン」の放送が始まってからちょうど50年。特撮番組の長い歴史に欠かせない重要な存在が、画面を彩ってきた美しきヒロインたちだ。その中には現在、人気女優として活躍するものも少なくないという。テレビ誌のライターが語る。

「北川景子は『セーラームーン』の実写版にセーラーマーズ役で出演。黒歴史的に扱われることも多いのですが、Gカップモデルとして人気の泉里香(当時の芸名は浜千咲)らの共演陣とは今でも定期的に集まるなど、作品に対する思い入れは深いようです。実力派女優として知られる満島ひかりも、アイドルから女優に転身した当初に『ウルトラマンマックス』に出演。アンドロイドが人間っぽさを身に付けていくという洒脱な演技を見せていました」

 他にも現在の活動からは、特撮ヒロイン当時の活躍ぶりが想像できない女性タレントも少なくないようだ。

「ぶりっ子キャラで知られるさとう珠緒は『超力戦隊オーレンジャー』のオーピンクとして、派手な戦闘シーンを披露。スカートの内側が全見えになるハイキックは、具が見えるのではと心配になるほどの迫力です。アイドルグループ『でんぱ組.inc』を脱退したばかりの最上もがも『ウルトラマンギンガS』で演じたアンドロイド役にて、戦闘シーンに挑戦。お人形のような彼女が機敏に動く姿に驚くアイドルファンも少なくありませんでした」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな特撮ヒロインをランキング形式で紹介する特集「オレたちの特撮ヒロイン萌総選挙ベスト30」が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.48」に掲載。気になるあのヒロインは載っているのか、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性