特集

北川景子、満島ひかり、最上もが…男たちが最も萌えた特撮ヒロインは誰?

Sponsored

 67年10月1日に「ウルトラセブン」の放送が始まってからちょうど50年。特撮番組の長い歴史に欠かせない重要な存在が、画面を彩ってきた美しきヒロインたちだ。その中には現在、人気女優として活躍するものも少なくないという。テレビ誌のライターが語る。

「北川景子は『セーラームーン』の実写版にセーラーマーズ役で出演。黒歴史的に扱われることも多いのですが、Gカップモデルとして人気の泉里香(当時の芸名は浜千咲)らの共演陣とは今でも定期的に集まるなど、作品に対する思い入れは深いようです。実力派女優として知られる満島ひかりも、アイドルから女優に転身した当初に『ウルトラマンマックス』に出演。アンドロイドが人間っぽさを身に付けていくという洒脱な演技を見せていました」

 他にも現在の活動からは、特撮ヒロイン当時の活躍ぶりが想像できない女性タレントも少なくないようだ。

「ぶりっ子キャラで知られるさとう珠緒は『超力戦隊オーレンジャー』のオーピンクとして、派手な戦闘シーンを披露。スカートの内側が全見えになるハイキックは、具が見えるのではと心配になるほどの迫力です。アイドルグループ『でんぱ組.inc』を脱退したばかりの最上もがも『ウルトラマンギンガS』で演じたアンドロイド役にて、戦闘シーンに挑戦。お人形のような彼女が機敏に動く姿に驚くアイドルファンも少なくありませんでした」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな特撮ヒロインをランキング形式で紹介する特集「オレたちの特撮ヒロイン萌総選挙ベスト30」が、現在発売中の「アサ芸シークレットVol.48」に掲載。気になるあのヒロインは載っているのか、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…