芸能

清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!

 タレントの清水良太郎が法律違反の薬物を使用していたとして10月11日に逮捕された。清水は東京・池袋駅西口のホテルに艶系サービスの女性を呼び、その女性が「薬物を飲まされた」として110番通報したもの。ホテル内で警察の任意同行に応じた清水だが、池袋事情に詳しい芸能ライターは、このホテルチョイスが微妙だと語る。

「池袋西口のシティホテルが現場だと勘違いしている人も多いのですが、実際は道路を一本はさんだところにあるビジネスホテルです。池袋でデリバリーサービスを頼むなら北口のファッションホテルを使うのが一般的ですが、清水のような派手な顔つきのタレントが猥雑な北口近辺を歩いていたら目立ってしまうのは確実。そこでビジネスホテルを選んだのでしょうが、そのチョイスがなんとも微妙ですね」

 芸能人が遊ぶならスマートにシティホテルを使えばよさそうなもの。清水がリーズナブルなビジネスホテルを選んだのは懐事情が寂しかったからかもしれないが、そのチョイスがいかにも格好悪いというのだ。

「シティホテルを使う余裕がないのなら、プライドなどかなぐり捨ててファッションホテルを選べばいいじゃないですか。そのほうが値段も安く、部屋はビジネスホテルよりも広く、タオル類もちゃんと二人分用意されています。そもそも芸能人が池袋のデリバリー嬢を呼ぶ時点で、もはやプライドは感じられません。しかしそこであえてビジネスホテルを選んでしまうところに、中途半端なプライドが顔をのぞかせたわけです」(前出・芸能ライター)

 2月には違法賭博店への出入りをスクープされ、6月まで謹慎処分を受けていた清水。その間はまったく仕事がなかったわけで、財布の中身は薄かったのかもしれない。が、残念ながらプライドのほうも中途半端に“薄く”なっていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”