スポーツ

松岡修造、羽生結弦への“ファン代表気取り”な質問に批判続々!

 10月16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、松岡修造がフィギュアスケートの羽生結弦選手へインタビューを行った。

 平昌五輪イヤーである2017‐2018シーズンの抱負などについて話を聞いたのだが、一部ファンから松岡に対してブーイングが起こっているという。

「松岡は“ファンのみんな、世界中のみんなが聞きたい質問”だとして今季のSPが『バラード第1番』、FSが『SEIMEI』と、どちらも再演の曲なのはなぜかと聞いたんです。羽生選手は、15年のGPファイナルの優勝の時から『SEIMEI』は五輪にふさわしい曲で使用には迷いがなかったと答えましたが、松岡は最高得点を出して、あれだけ苦しんだのだから、もういいのではないかと質問したのです」(スポーツライター)

 羽生選手は笑って聞き流していたが、ファンの中には松岡の『わかっていない』感にカチンときた人もいたようだ。

「羽生選手が『SEIMEI』を再演することがわかった時、ファンからは『また見たかった』『パワーアップした演技が楽しみ』と、期待する声が多数ネット上に書き込まれたのです。日本だけではありません。『SEIMEI』は羽生選手が創り上げた世界観や演技の素晴らしさで世界的に人気の演目で、各国のファンのブログでも歓喜の声や、衣装はどう変わるのかと大きな話題になったのです。それなのに、まるで世界中のファンの代表のような顔で疑問を呈した松岡は、反感を買ってしまったようです」(前出・スポーツライター)

 一段と進化した技術で新たな表現を盛り込み、もっといい演技を披露したいという羽生選手の思い。松岡にはピンとこなかったようだが、ファン待望の“新SEIMEI”が、今シーズンも世界を魅了することだろう。

(芝公子)

関連記事:「皇帝」プルシェンコが羽生結弦のさらなる世界記録更新に太鼓判! http://www.asagei.com/excerpt/89781

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…