スポーツ

松岡修造、羽生結弦への“ファン代表気取り”な質問に批判続々!

 10月16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、松岡修造がフィギュアスケートの羽生結弦選手へインタビューを行った。

 平昌五輪イヤーである2017‐2018シーズンの抱負などについて話を聞いたのだが、一部ファンから松岡に対してブーイングが起こっているという。

「松岡は“ファンのみんな、世界中のみんなが聞きたい質問”だとして今季のSPが『バラード第1番』、FSが『SEIMEI』と、どちらも再演の曲なのはなぜかと聞いたんです。羽生選手は、15年のGPファイナルの優勝の時から『SEIMEI』は五輪にふさわしい曲で使用には迷いがなかったと答えましたが、松岡は最高得点を出して、あれだけ苦しんだのだから、もういいのではないかと質問したのです」(スポーツライター)

 羽生選手は笑って聞き流していたが、ファンの中には松岡の『わかっていない』感にカチンときた人もいたようだ。

「羽生選手が『SEIMEI』を再演することがわかった時、ファンからは『また見たかった』『パワーアップした演技が楽しみ』と、期待する声が多数ネット上に書き込まれたのです。日本だけではありません。『SEIMEI』は羽生選手が創り上げた世界観や演技の素晴らしさで世界的に人気の演目で、各国のファンのブログでも歓喜の声や、衣装はどう変わるのかと大きな話題になったのです。それなのに、まるで世界中のファンの代表のような顔で疑問を呈した松岡は、反感を買ってしまったようです」(前出・スポーツライター)

 一段と進化した技術で新たな表現を盛り込み、もっといい演技を披露したいという羽生選手の思い。松岡にはピンとこなかったようだが、ファン待望の“新SEIMEI”が、今シーズンも世界を魅了することだろう。

(芝公子)

関連記事:「皇帝」プルシェンコが羽生結弦のさらなる世界記録更新に太鼓判! http://www.asagei.com/excerpt/89781

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え