スポーツ

プロ野球2017「ワーストナイン」表彰式<これが「絶望ナインだ」>(1)筆頭は巨人・山口俊

 今年のプロ野球界で推定年俸が1億円の大台を突破しているのは、助っ人選手も合わせてきっかり100人。はたしてその何割が、大金に見合う活躍を見せただろうか? ファンも球団もガックリと肩を落とした「絶望ナイン」を勝手に表彰しよう。

 セ・リーグは06年以来11年ぶりのBクラス陥落となった巨人から、6人もの大量選出となった。

 中でも“給料泥棒”の筆頭は、FA移籍1年目の山口俊(30)で異論はないだろう。7月11日深夜に泥酔して都内病院で警備員を負傷させて書類送検、球団から全試合の出場停止と罰金・減俸処分を受けている。

 野球評論家の内藤尚行氏も球界OBとして憤りを隠さない。

「あまりの責任感のなさにがっかりしました。プロどうこうではなく、一社会人としてのマナーくらいは守れよ、と。普通はクビ。来年プレーできるのが不思議なくらいですよ」

 罰金と減俸額を合わせて1億円を超えるペナルティが科されたが、

「罰金とかじゃないでしょ、『年俸全額返せよ!』と言いたいですよ、本当に。『球団はよく残してくれたな』と感謝して投げるくらいの気持ちを持てないものかと思います」(前出・内藤氏)

 事件前にはわずか1勝しかあげられなかった山口。2億5000万円といわれる年俸は「ボッタクリ価格」と揶揄されても当然だ。

 リリーフ部門では、中継ぎ投手としてはセ界最高年俸の山口鉄也(33)が、登板18試合、ホールド数3の低調で選出され、不名誉な“W山口”での受賞となった。

「彼の場合は、今まで積み重ねた分の高年俸ですが、この成績ではワーストナインに選ばれるのもしかたがない。今季は“勤続疲労の年”と割り切って、来季に期待したい」(前出・内藤氏)

 内野陣は巨人と、圧倒的最下位のヤクルトから仲よく2人ずつノミネート。特に、2年連続トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)で3億円超えを果たした山田哲人(25)は成績がガタ落ち。ヒット1本269万円という「金食い虫」に化けて球団史上最多96敗の戦犯となった。チームのOBである野球解説者の広澤克実氏が、後輩の窮状を解説する。

「去年までの山田は、内角のストレートをいちばんいいタイミングでカキーンとはね返しながら、アウトコースの変化球にも対応し、ライト方向へ強い打球を打てていた。でも今年は、外の球を打つ時に肩が開くようになり、それを我慢するから逆にインコース打ちで肩が詰まる。そういう悪循環に陥り、最後まで修正できなかった」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!