芸能

コロッケ&清水アキラが明かす「四天王」の真実!

 今年7月、突如、ものまねからの引退を発表した清水アキラ。一方、芸能生活30周年を迎えたコロッケは座長公演を終えたばかり。90年代のものまねブームを牽引してきた2人が初めて語ったのは分裂から20年が経過した「ものまね四天王」の真実だった。ブーム前夜の下積み時代の紆余曲折を振り返る─。

「来年いっぱいで、ものまねからは離れようかな」

 今年7月15日、中野サンプラザで行われた公演の会見で突然、ぶち上げた引退プラン。ものまね界の大御所・清水アキラ(58)にその真意を尋ねてみると、意外な答えが返ってきた。

「あれは、ものまね自体をやめるのではなく、『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)を卒業するという意味。この番組で飯を食わせてもらえるようになって約30 年。俺も60歳を目前に新たな目標が生まれ、けじめとして番組を辞めさせてもらいたいと。それが引退と捉えられたみたいだね」

 ものまねブームの火付け役となった「爆笑!スターものまね王座決定戦」がスタートしたのは、85年のこと。80年代前半に一世を風靡した「THE・MANZAI」でお笑いブームが巻き起こると、そのあとを追うようにものまねブームが起きた。仕掛けたのは、当時、視聴率三冠街道を驀進し、漫才ブームを仕掛けたフジテレビ。すぐに番組の視聴率はもとより、これまで“飛び道具”的な扱いだったものまねが、一躍、お笑いのメインストリートに躍り出たのだった。その中でも、清水をはじめ、コロッケ、ビジーフォー、栗田貫一は、“ものまね四天王”として、一気にスターダムを駆け上がったのだった。

「当時“日本一忙しい芸能人”を自称していたよ(笑)。月に20回も営業やっているタレントなんて他にいなかったし。グアム日帰りでディナーショーをやったこともあったな」

 その人気ぶりは半端ではなかった。おもだった地方の演芸ホールの控え室には必ず「ものまね四天王」のサインが飾ってあったという。なぜこれほどものまねブームが巻き起こったのか?

 清水の分析を聞こう。

「次に何が出てくるかわからないのが、ものまねのいいところ。研ナオコが出てきたら、次は村田英雄なんだよ(笑)。さらにアホの坂田、谷村新司と来るんだから。何が出てくるかわからない。歌手のショーだとこうはいかない。そこが、おもしろいんだよ」

 ものまね四天王の中でも清水のものまねの代名詞といえば、下ネタに尽きるだろう。五木ひろしの「よこはま・たそがれ」を下ネタ調にアレンジにして「♪よこはめ〜、たてはめ〜」と大真面目に歌ったかと思えば、尻を出して笑いを取ることも‥‥。だが、清水のものまねは、下ネタもありながら、なぜかゴールデンタイムの番組でも嫌われることはなかった。

「“♪よこはめ〜”なんて子供にはわからなくても、大人になったら『あ、清水アキラが言っていたのはこれか』とわかる時が来る(笑)。それがいいんだよ。俺の下ネタはさらっとした下ネタ。自分で言うのもなんだけど(笑)。でも、子供が私立に行った時には、さすがに女房に『お父さん(テレビで)、お尻出すのはやめて』って言われたよ(笑)。『これは俺の人生だから好きなようにやるんだ』って断ったけど」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
2
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
3
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
4
長瀬智也の「地獄で会いましょう」ジャニー社長追悼に込められた“ケジメ”
5
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?